Research press release

COVID-19:SARS-CoV-2に感染した小児の大半が典型的な症状を示さない

Scientific Reports

COVID-19: Majority of infected children may not show typical symptoms

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)に感染した小児の大半は、発熱、せき、息切れなどの典型的な症状を示さないと考えられることを報告する論文が、Scientific Reports に掲載される。今回の研究では、米国各地の臨床検査で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と確認された小児(1万2306人)のデータが対象になった。

今回、Pakaj Aroraたちの研究チームは、研究対象となった小児の18.8%について、発熱、倦怠感、筋肉または関節痛、嗅覚障害または味覚障害などの症状があったと記録されていることを明らかにしている。具体的には、小児の16.5%に咳、息切れなどの呼吸器症状、13.9%に吐き気、嘔吐、下痢などの消化器症状、8.1%に皮膚症状(発疹)が見られ、4.8%に頭痛があった。

研究対象となった小児の5.5%(672人)が入院し、これらの入院患者の17.6%(118人)が救命処置を必要とし、4.1%(38人)が人工呼吸器を必要とした。入院リスクの男女差は、ほとんどなかったが、非ヒスパニック系黒人とヒスパニック系の入院リスクは、非ヒスパニック系白人よりも高かった。救命処置と人工呼吸器を必要とする確率については、民族集団間にほとんど差はなかった。

今回の研究によって得られた知見からは、小児と青年のCOVID-19患者は、成人患者よりも軽症の経過をたどると考えられることが示唆されるが、米国では、非ヒスパニック系黒人、ヒスパニック系、非ヒスパニック系白人の小児の間に重症度の差が見られるようである。典型的な症状が見られない症例の頻度が高いことを考えると、学校が再開する際には、学校に登校する小児とその直接接触者に対する警戒を強め、革新的なスクリーニング検査を実施し、頻繁に検査を行うことが必要と考えられる。こうした戦略を実施するにあたっては、人種的/民族的少数派の小児への対応を強化して、現存しているCOVID-19関連の健康格差を解消することが必要と考えられる。

The majority of children infected with SARS-CoV-2 may not show typical symptoms such as fever, cough or shortness of breath, according to a study published in Scientific Reports, which examined data on 12,306 children with laboratory-confirmed COVID-19 across the United States.

Pakaj Arora and colleagues found that 18.8% of the children included in the study were recorded as having symptoms such as fever, malaise, muscle or joint pain, and disturbances of smell or taste. . 16.5% of children had respiratory symptoms including cough and shortness of breath, 13.9% had gastrointestinal symptoms such as nausea, vomiting and diarrhea, 8.1% had dermatological symptoms (rash), and 4.8% had headaches.

5.5% (672) of children included in the study were hospitalized. Of those, 118 (17.6%) and 38 (4.1%) required critical care services and mechanical ventilation, respectively. The risk of hospitalization was similar between males and females, but higher in non-Hispanic Black and Hispanic children compared with non-Hispanic White children. The risk of requiring critical care and mechanical ventilation was similar across all groups.

The findings suggest that children and adolescents with COVID-19 may have a milder course of illness than adults, but disparities in severity appear to exist between non-Hispanic Black, Hispanic and non-Hispanic White children in the US. Given the high frequency of cases without typical symptoms, increased vigilance, innovative screening, and frequent testing may be required among school-going children and their immediate contacts as schools reopen. Implementation of these strategies may need to be enhanced among children from racial/ethnic minorities to curtail the existing COVID-19 related health disparities.

doi: 10.1038/s41598-021-89553-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度