Research press release

古生物学:先史時代の装甲恐竜は地面を掘ることができたかもしれない

Scientific Reports

Palaeontology: Prehistoric armoured dinosaur may have been able to dig

この度新たに発掘されたアンキロサウルス科恐竜(白亜紀に生息していた大型の装甲草食動物)の骨格化石から、この種の恐竜が地面を掘ることができた可能性が示された。この成果について報告する論文が、Scientific Reports に掲載される。この化石標本(MPC-D 100/1359)により、白亜紀後期(8400万~7200万年前)のアンキロサウルス科恐竜の行動をさらに解明できるかもしれない。

今回、Yuong-Nam Leeたちは、モンゴルのゴビ砂漠南部で1970年代に発見されたバルンゴヨット層の堆積物からMPC-D 100/1359の骨格要素を発掘した。Leeたちは、MPC-D 100/1359の複数の解剖学的特徴から、アンキロサウルス科恐竜が地面を掘ることに適応していたと示唆している。MPC-D 100/1359は、前肢の骨が浅いアーチ状に配置されており、これによって柔らかい地面が掘れるようになった可能性がある。また、他の恐竜と比べると、いくつかの椎骨が融合していて、後肢の骨の数が少なく、このことが、地面を掘る時や尾を動かす時にMPC-D 100/1359を固定するために役立った可能性がある。MPC-D 100/1359の体形は、中央部が幅広く、前後部が細くなっており、地面を掘る時に体の姿勢を真っすぐに保つために役立ったと考えられる。

Leeたちは、MPC-D 100/1359が、水や無機物、食物としての植物の根に到達するために地面を掘ったり、捕食者から胴体の柔らかい底面を守るために浅い穴の中で身をかがめたりしていた可能性があると推測している。他のアンキロサウルス科恐竜も同様の解剖学的特徴を有することが報告されているため、今回の知見は、地面を掘る能力がアンキロサウルス科恐竜に共通の能力だったと考えられることを示唆している。

Newly excavated skeletal remains of an ankylosaurid — a large armoured herbivore that lived during the Cretaceous Period — may indicate that members of this family of dinosaurs were able to dig, according to a study published in Scientific Reports. The specimen, known as MPC-D 100/1359, may further our understanding of ankylosaurid behaviour during the Late Cretaceous (84–72 million years ago).

Yuong-Nam Lee and colleagues excavated the skeletal elements of MPC-D 100/1359 from a deposit of the Baruungoyot Formation in the southern Gobi Desert, Mongolia, where it was discovered in the 1970s. The authors suggest that several anatomical features of MPC-D 100/1359 could indicate that the ankylosaurid was adapted for digging. The bones in its forefeet are arranged in a shallow arc, which could have enabled it to dig soft earth. The fusion of several vertebrae and the decreased number of bones in its hindfeet, compared to other dinosaurs, may have helped anchor MPC-D 100/1359 when digging or moving its tail. The body shape of MPC-D 100/1359, which is wider in the middle and narrower at the front and rear, may have helped its body to remain straight when digging.

The authors speculate that MPC-D 100/1359, may have dug the ground in order to reach water, minerals or roots for food and may even have crouched in shallow pits to protect its soft underside from predators. As similar anatomical features have been reported in other ankylosaurids, the findings suggest that the ability to dig may have been common to other members of this family of dinosaurs as well.

After the embargo ends, the full paper will be available at: https://www.nature.com/articles/s41598-021-83568-4

doi: 10.1038/s41598-021-83568-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度