Research press release

心理学:ヒトの空間記憶では高カロリー食品が優先される

Scientific Reports

Psychology: Human spatial memory prioritizes high calorie foods

ヒトは、低カロリー食品よりも高カロリー食品の位置をより正確に想起することを報告する論文が、Scientific Reports に掲載される。ヒトは、空間記憶によって物体の位置関係を記憶しているが、今回の研究で得られた知見は、ヒトの進化の過程で、空間記憶において高カロリー食品の所在が優先されるようになったことを示唆している。

今回、Rachelle de Vriesらの研究チームは、食品の位置記憶を測定するための実験を行い、512人の参加者に対して、食品サンプルまたは食品の香りがする脱脂綿の入った瓶(合計8点)がそれぞれ別々に配置された部屋の中を決められた順路に従って進むように指示した。食品サンプルなどの置かれた場所で、参加者は、試食するか、脱脂綿のにおいを嗅いで、その食品がどれだけ好きかを評価した。食品サンプル(食品のにおいのサンプル)には、リンゴ、ポテトチップ、キュウリ、チョコレートブラウニーなどが含まれていた。次に、参加者は、部屋の見取り図を見せられ、それぞれの食品サンプル(食品のにおいのサンプル)の位置を示すように求められた。

この実験で、参加者が正しい位置を示す確率は、低カロリー食品よりも高カロリー食品の方が高く、食品サンプルを試食した参加者で1.27倍高く、食品のにおいを嗅いだ参加者で1.28倍高かった。空間記憶は、食品に甘味やうま味があるかどうか、参加者がどれだけ食品が好きなのかということに影響されなかった。全ての食品について参加者が正しい位置を示す確率は、食品サンプルを試食した場合の方が、食品のにおいを嗅いだ場合より2.43倍高かった。

以上の知見は、ヒトの空間記憶が高カロリー食品の位置に偏っていることを示している。de Vriesらは、この偏りは、カロリーの高い食品を効率的に探し出すことを可能にし、食料の入手可能性が変動する環境で人類の祖先が生き延びることを助けた可能性があると考えている。

Humans more accurately recall the locations of high calorie than low calorie foods, according to a study in Scientific Reports. The findings suggest that human spatial memory, which allows people to remember where objects are in relation to each another, has evolved to prioritize the location of high calorie foods.

Rachelle de Vries and colleagues measured food location memory by instructing 512 participants to follow a fixed route around a room containing either eight food samples or eight food-scented cotton pads placed in different locations. When participants reached a sample, they either tasted the food or smelled the cotton pad and rated how much they liked the sample. Food and odour samples included apple, potato chip, cucumber and chocolate brownie. Participants were then asked to indicate the location of each food or food odour sample on a map of the room.

Participants presented with food samples were 27% more accurate and those presented with food odour samples were 28% more accurate at mapping high than low calorie foods to the correct location. Spatial memory was not affected by whether foods were sweet or savoury or how much participants liked each sample. Overall mapping of foods was 243% more accurate when participants were presented with food samples rather than food-scented cotton pads.

The findings indicate that human spatial memory is biased towards locating high calorie foods. This bias could have helped human ancestors to survive in environments with fluctuating food availability by enabling them to efficiently locate calorie-dense foods through foraging, according to the authors.

doi: 10.1038/s41598-020-72570-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度