Research press release

考古学:古代の縄の残滓が垣間見せるネアンデルタール人の生活

Scientific Reports

Archaeology: Ancient string discovery sheds light on Neanderthal life

繊維技術(天然繊維を紡いで糸にする技術)に関して、これまでに発表されたものの中で最も古い直接証拠を報告する論文が、今週、Scientific Reports に掲載される。この新知見は、中期旧石器時代(30万〜3万年前)のネアンデルタール人の認知能力の解明を進めるものだ。

今回、Bruce Hardyたちの研究チームは、Abri du Maras(フランス)で、3束の繊維がより合わされてできた縄の残滓(長さ6ミリメートル)が付着した薄い石器(長さ60ミリメートル)を発見した。Hardyたちの推測によれば、この縄を石器のまわりに巻き付けて取っ手にしたか、石器を入れたネットやバッグの一部だったとされる。そして、この縄の残滓の年代は、5万2000年〜4万1000前と推定された。そして、Hardyたちは、分光法と顕微鏡法を用いて、この縄の残滓が、花をつけない樹木(針葉樹など)の内部樹皮から採取した繊維から構成されている可能性が高いことを明らかにした。

Hardyたちは、この縄を作製するには、原料として使用される樹木の成長と季節性に関する広範な知識を要したと考えられるとしている。また、Hardyたちは、ネアンデルタール人が複数の繊維をより合わせて糸を作り、複数の縄を使って3本よりの縄やロープを作るためには、数学的概念と基本的な計算技術の理解も必要だった可能性があると推測している。

今回の発見があるまでは、イスラエルのオハロー(Ohalo)II 遺跡で発掘された繊維の残滓が最も古く、約1万9000年前と年代測定されていた。しかし、繊維技術が登場したのは、それよりかなり前のことであり、ネアンデルタール人の認知能力が、これまでに考えられていた以上に現生人類に近いことが、今回の研究によって得られた知見から示唆されている。

The discovery of the oldest known direct evidence of fibre technology — using natural fibres to create yarn — is reported in Scientific Reports this week. The finding furthers our understanding of the cognitive abilities of Neanderthals during the Middle Palaeolithic period (30,000–300,000 years ago).

Bruce Hardy and colleagues discovered a six-millimetre-long cord fragment consisting of three bundles of fibres twisted together and adhering to a 60-millimetre-long, thin stone tool. The authors speculate that the cord was wrapped around the tool as a handle or was part of a net or bag containing the tool. They date the cord fragment, which they discovered in Abri du Maras, France, to between 41,000–52,000 years ago. Using spectroscopy and microscopy, they identified that the cord likely consists of fibres taken from the inner bark of a non-flowering tree such as a conifer.

The authors suggest that production of the cord would have required extensive knowledge of the growth and seasonality of the trees used. They also speculate that Neanderthals may have needed an understanding of mathematical concepts and basic numeracy skills to create bundles of fibres (yarn), the three-ply cord and rope from multiple cords.

Prior to this discovery the oldest discovered fibre fragments were from the Ohalo II site in Israel, dating back to around 19,000 years ago. The findings of the new study suggest that fibre technology is much older, and that the cognitive abilities of Neanderthals may have been more similar to those of modern humans than previously thought.

doi: 10.1038/s41598-020-61839-w

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度