Research press release

【古生物学】最も古くから陸上を探検していたかもしれない先史時代のサソリの新種

Scientific Reports

Paleontology: New species of prehistoric scorpion may have been early land explorer

シルル紀初期(約4億3750万年~4億3650万年前)のものとされる先史時代のサソリの新属新種Parioscorpio venatorについて記述した論文が掲載される。今回の研究で得られた知見からは、P. venatorがこれまでに報告されたものの中で最古のサソリ種で、その海洋生息地から陸上に移動する能力を有していた可能性が示唆されている、この行動は、現代のカブトガニの行動に似ている。

サソリは海中から陸上に移動した最初の動物の1つだが、化石記録が少ないため、陸上での生活にいつどのように適応したのかは明らかになっていない。

今回Andrew Wendruffたちは、米国ウィスコンシン州のウォーキシャ生物相で発見され、シルル紀初期のものと年代測定された保存状態の良好な未知の化石種のサソリの標本2点について記述している。今回の研究により、スコットランドで発見され、これまで最も古いサソリ種とされてきたDolichophonus loudonensisよりも古い化石となった。

P. venatorには、他の初期の海洋生物に見られる原始的な特徴(複眼など)がいくつか見られる一方で、現代のサソリの特徴(先端に毒針のある尾など)も見られる。2点のP. venatorの標本のいずれにも、内部構造が細かな点まで示されており、例えば、くびれた砂時計型の構造体が、胴体の中心部分に沿って、かなりの領域に及んでいる。この構造体は、現代のサソリだけでなく、現代のカブトガニの循環器系や呼吸器系と非常によく似ているとWendruffたちは考えている。

P. venatorの化石には肺や鰓が見つからなかったが、陸上で呼吸できるカブトガニに似ていることから、最古のサソリが完全に陸生化していなかったかもしれないが、陸上に移動して、長時間滞在していた可能性が示唆されている。

A new species of prehistoric scorpion from the early Siluarian period (approximately 437.5 to 436.5 million years ago) is described in a study in Scientific Reports. The findings suggest that Parioscorpio venator is the oldest-known scorpion reported to date and may have been capable of leaving its marine habitat and venturing onto land, a behaviour similar to that of present-day horseshoe crabs.

Scorpions are among the first animals to have moved from the sea onto land but because their fossil record is limited, how and when they adapted to life on land remains unclear.

Andrew Wendruff and colleagues describe two well-preserved specimens of a previously unknown fossil scorpion species discovered in the Waukesha Biota in Wisconsin, USA, which dates from the early Silurian. This makes the fossils older than Dolichophonus loudonensis, from Scotland, which was previously accepted as the oldest known scorpion species.

P. venator shows some primitive characteristics present in other early marine organisms, such as compound eyes, as well as characteristics found in present-day scorpions, such as a tail terminating in a stinger. Both P. venator specimens show details of internal anatomy, including narrow, hourglass-shaped structures that extend along much of the middle part of the body. These structures are very similar to the circulatory and respiratory systems in present-day scorpions, as well as those of modern horseshoe crabs, according to the authors.

No lungs or gills are evident in the P. venator fossils, but their similarity to horseshoe crabs, which can breathe on land, suggests that while the oldest scorpions may not have been fully terrestrial, they may have forayed onto land for extended periods of time.

doi: 10.1038/s41598-019-56010-z

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度