Research press release

【健康】自然の中で過ごすことが健康と幸福感の向上につながる

Scientific Reports

Health: Spending time in nature linked with good health and wellbeing

週120分以上を自然環境で過ごすことが、健康と幸福感に関連することを明らかにした研究論文が、今週掲載される。

今回、Mathew Whiteたちの研究グループは、イギリスの成人1万9806人を対象として、過去1週間に野原や森林などの自然環境(自宅の庭を除く)で過ごした時間と、自己申告に基づいた健康と幸福感について調査した。この調査によると、自然の中で120分以上過ごしたと申告した人は、「健康状態が良い」または「幸福感が強い」と申告する傾向が強かった。

Whiteたちは、この関連が近隣の利用可能な緑地の規模とは無関係なことを見いだした。また、この関連は全ての年齢層の参加者(長期的な健康問題を抱えている人を含む)に見られ、この知見が、単に健康状態の良好な人々の方が自然環境を訪れる頻度が高いことによるものではない可能性が示唆された。またWhiteたちは、一度に自然の中で120分を過ごした場合と短時間の自然環境への訪問を1週間に数回行った場合では、差が生じなかったと報告している。自然の中で過ごした時間が週120分未満である場合は、幸福感の向上との関連が認められなかったが、自然環境で200~300分を過ごしても、さらなる効果は得られなかった。

Whiteたちは、今回の知見は予備的なものではあるが、健康と幸福感の有意な向上をもたらす可能性のある自然環境と触れ合う時間に関して証拠に基づいたシンプルな勧告を示すことを議論する上で、重要な出発点になると結論付けている。

Spending at least 120 minutes a week in natural environments is associated with good health and wellbeing, according to a study published in Scientific Reports.

Mathew White and colleagues surveyed 19,806 adults in England on how much time they had spent over the past week in natural environments, such as fields and woodlands (but not including their own garden), and their self-reported health and wellbeing. They show that people who reported spending 120 minutes or more in nature were more likely to report good health or high levels of wellbeing.

The authors found this association was independent of the size of the available green space in their local neighbourhood. The relationship was also seen in participants of all ages, including those with long-term health issues, which may suggest that the findings were not simply due to healthier people visiting nature more often. It did not matter if the 120 minutes were spent in nature on one occasion or several shorter visits throughout the week, the authors report. Spending under 120 minutes a week in nature was not associated with improved wellbeing, while spending between 200 - 300 minutes in natural environments showed no additional benefit.

The authors conclude that, although preliminary, the findings represent an important starting point for discussions around providing simple, evidence-based recommendations about the amount of time spent in natural settings that could result in meaningful promotion of health and wellbeing.

doi: 10.1038/s41598-019-44097-3

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度