Research press release

【動物行動学】飼い犬と飼い主の長期ストレスレベルが同期している

Scientific Reports

Animal behaviour: Pet dogs may reflect owners’ stress levels

飼い主の長期ストレスが、その飼い犬のストレスレベルの高さと関連していることを、58匹のイヌとその飼い主を対象とした研究によって明らかにした論文が、今週掲載される。

今回、Lina Rothたちの研究グループは、シェトランドシープドッグ(33匹)とボーダーコリー(25匹)、およびその飼い主の毛髪コルチゾール濃度を測定し、1年を通したストレスレベルの推移を調べた。その結果、ヒトのコルチゾール濃度が上昇すると、イヌ、特に雌のイヌにおいてコルチゾール濃度が上昇することが判明した。この結果は、イヌとその飼い主のストレスレベルが同期している可能性を示唆している。イヌとヒトのストレスの関連は夏と冬の両方で観察されていることから、コルチゾール濃度の季節的変動はストレスの同期性に影響しないことが示唆される。

また、Rothたちは飼い主に、イヌの興奮性、訓練に対する反応性、攻撃性、または恐怖心といった形質を評価する有効な質問票と、飼い主自身の外向性、協調性、または神経症的傾向といった性格特性を評価する有効な質問票への回答を依頼した。その結果、イヌの性格(所有者による分類に基づく)は、飼い主の毛髪コルチゾール濃度にほとんど影響しないことが明らかになった。これに対して、飼い主の誠実性と寛容性という性格特性は、イヌのコルチゾール濃度の上昇と関連し、飼い主の神経症的傾向は、イヌのコルチゾール濃度の低下と関連していた。この結果は、飼い主がイヌのストレスレベルに反応しているのではなく、イヌが飼い主のストレスレベルを反映している可能性を示唆している。

Rothたちによれば、これらの知見はヒトとイヌの関係の強さを裏付けるさらなる証拠であり、イヌの福祉の改善にも重要な意味を持っている可能性がある。

Long-term stress in dog owners is associated with higher stress levels in their dogs, according to a study involving 58 dogs and their owners published in Scientific Reports.

Lina Roth and colleagues measured the hair cortisol concentration of 33 Shetland sheepdogs and 25 border collies and their human owners to determine their stress levels over a year. They found that when cortisol levels were elevated in humans, they were also elevated in their dogs - and especially in female dogs. This suggests that stress levels may have been synchronized in dogs and their owners. The association between stress in dogs and humans was also observed in both summer and winter, suggesting that seasonal fluctuations in cortisol levels did not affect the synchronization of stress.

The authors also asked the owners to complete two validated questionnaires, assessing traits such as excitability, responsiveness to training, aggression or fearfulness in dogs, and personality traits such as extraversion, agreeableness, or neuroticism in the owners. They found that the dogs’ personalities (as categorized by their owners) had little effect on their owners’ hair cortisol concentration. However, personality traits of conscientiousness and openness in the owners were associated with an increase in the dogs’ cortisol levels, and the trait of neuroticism was associated with a decrease in the dogs’ cortisol levels. This suggests that dogs may mirror the stress level of their owners rather than the owners responding to stress in their dogs.

These findings provide further evidence to support the strength of the relationship between humans and dogs, and may also be relevant to improving dog welfare, according to the authors.

doi: 10.1038/s41598-019-43851-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度