Research press release

【考古学】オリーブの木の枝はサントリーニ火山の噴火時期をめぐる論争を解決していないのかもしれない

Scientific Reports

Archaeology: Olive branch may not settle argument of Santorini eruption date

サントリーニ火山の噴火時期を決めるために用いられたオリーブの木の枝が、実際の噴火より40~50年前のものだった可能性のあることを報告する論文が、今週掲載される。

サントリーニ火山の噴火は、青銅器時代の地中海における年代順配列を整合させるための固定点となっているが、この火山噴火の時期を正確に決定することは難しかった。最近、サントリーニ火山の岩石破片の中に埋もれていたオリーブの木の枝を用いた年代測定が行われ、その噴火時期が紀元前1627~1600年とされ、紀元前1500年とする考古学者たちのそれまでの学説を1世紀以上さかのぼることになった。この年代測定は、オリーブの枝の最も外側の年輪が火山噴火によって生きたまま埋もれる直前に形成されたという前提に立っていた。

今回、Elizabetta Boarettoたちの研究グループは、オリーブの木の枝の最も外側の年輪が形成されるのは木が死滅する直前なのかどうか、そして、この年輪を信頼性の高い年代測定に利用できるかどうかを評価するため、オリーブの現生種の木の幹から採取した試料20点と、2013年に伐採された枝から採取した試料11点について、放射性炭素濃度分析を行った。その結果、いずれの試料群においても、樹皮に最も近い層から採取された試料の年代測定結果に最大40~50年の幅があることが判明した。この研究知見から、オリーブの木において、目視で確認できる年輪が系統的に形成されないこと、そして、同じ木の中で死滅時よりもかなり前に成長が停止してしまう部分があるという現象が一般的であることが示唆される。

今回の知見は、サントリーニ火山で発見されたオリーブの枝の年代測定によって得られる結果の解釈に異を唱えるもので、エーゲ海、エジプト、およびレバント地方の考古学史にとって重要なだけでなく、考古学的に保存されたオリーブの木を用いる今後の研究にとっても重要となる可能性がある。

An olive branch that has been used to date the Santorini volcanic eruption could predate the event by 40 to 50 years, according to a study in Scientific Reports.

The Santorini eruption provides a fixed point for aligning the chronology of the Bronze Age in the Mediterranean, yet its exact date has been difficult to determine. Recently, an olive branch found buried under rock fragments at Santorini was used to date the erruption to between 1627 and 1600 BCE, more than a century earlier than the 1500 BCE date suggested by archaeologists. The dating was based on the assumption that the outermost ring of wood was formed just before the branch was buried alive by the eruption.

To assess whether an olive tree’s outermost ring is produced just prior to the tree’s death and can thus be used for reliable dating, Elizabetta Boaretto and colleagues analyzed the radiocarbon concentrations in 20 samples taken from a modern olive tree trunk and 11 samples taken from a living branch cut in 2013. They found that in both cases individual samples, all of which were taken from the layer of wood nearest the bark, could vary in date by as much as 40 to 50 years. The findings suggest that olive trees do not systematically produce visible growth rings and that growth cessation of individual sections of the same tree well before its death is a common phenomenon.

The findings challenge the interpretation of the results obtained from dating the olive branch found at Santorini, which may be significant not only for the archaeological history of the Aegean, Egypt and the Levant but also for any future studies based on archaeologically preserved olive wood.

doi: 10.1038/s41598-018-29392-9 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度