Research press release

【分析化学】Robert Burnsの手稿の真贋を見分ける方法

Scientific Reports

Analytical chemistry: Distinguishing Robert Burns’ manuscripts from forgeries

スコットランドの詩人Robert Burns卿が使用したインクと紙の分析が行われ、手稿の原本と偽物を正確に見分けられるようになったことを報告する論文が、今週のScientific Reportsに掲載される。この研究知見は、歴史的手稿の真贋鑑定に応用できる可能性がある。

Burnsの著作物については、発表から今日に至るまでに数多くの偽物が出現している。原本であれば6000~9万ポンド(約90万円~1350万円)の売値がつくと考えられるが、本物かどうか疑わしい手稿がオークションに次々と出品されている。

今回Karl Burgessたちは、質量分析法を用いて、Burnsの本物の手稿のサンプルと優れた技能を有する近現代の贋作家Alexander Howland Smithによる偽物とを比較した。これまでの質量分析法は実験室内で実施される必要があったが、今回の研究で用いられた試料調製法では、手稿が保管されている場所で試料を採取できる。Burgessたちは、侵襲性を最低限にして手稿の表面から試料を採取し、これによってBurnsが使用したインクを分析することができ、Smithが作成した手稿と区別することができた。次にBurgessたちは、質量分析データを使って、Burnsの手稿とSmithの偽物を正確に区別する機械学習法を考案した。

Burgessたちは、この論文に記述された試料採取法、分析法、および機械学習法が、文学作品の真贋鑑定に重大な影響を及ぼす可能性があると考えている。

The inks and paper used by the Scottish poet Sir Robert Burns have been analysed allowing the original manuscripts to be accurately distinguished from forgeries. The findings, which could have applications in the authentication of historical manuscripts, are presented in Scientific Reports.

Robert Burns’ writings have been subject to numerous forgeries over the years and although an original work might sell for between £6,000 to £90,000 manuscripts of dubious authenticity continue to appear at auctions.

Using mass spectrometry, Karl Burgess and colleagues compared a sample of the author’s authentic manuscripts with a number written by the skilled, contemporary forger Alexander Howland Smith. Unlike traditional mass spectrometry, which must be performed in a laboratory, the sample preparation method used in this study allows for samples to be taken where the manuscripts are stored. The authors extracted samples from the manuscripts’ surface, in a minimally invasive process, enabling them to analyse the ink used by Burns, and distinguish it from manuscripts written by Alexander Howland Smith. The authors then used the spectrometry data to produce a machine learning method that accurately distinguishes manuscripts by Burns from Smith’s forgeries.

The authors suggest that the sampling, analysis and machine learning methods described in this study could have a significant impact on determining literary authenticity.

doi: 10.1038/s41598-018-28810-2 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度