Research press release

【環境科学】メキシコ市の自動車運転規制が土曜日にまで適用拡大されたが大気汚染抑制効果はなかった

Scientific Reports

Environmental science: Saturday driving restrictions have no effect in Mexico City

メキシコ市で実施されている自動車のナンバープレートによる運転規制は平日だけでなく、土曜日にも適用されるようになったが、それが大気環境の改善につながらなかったことを報告する論文が、今週掲載される。

メキシコ市では1989年11月に自動車の運転規制制度(“Hoy No Circula(今日は運転しません)”)が導入され、ナンバープレートの末尾の数字に応じて毎週月曜日から金曜日までのいずれか1日について自動車の運転が禁止された。その後約20年間にわたって、この運転規制は平日のみ適用されていた。ところが、2008年7月になって運転禁止が毎週月曜日から土曜日までのいずれか1日に改定された。

今回、Lucas Davisはメキシコ市に点在する29カ所の大気汚染測定所で毎時測定される大気汚染データを2005~2012年にわたって調べた。そして、8種類の大気汚染物質(一酸化炭素、オゾン、二酸化硫黄、二酸化窒素など)の濃度の解析が行われ、この運転規制の適用拡大によって大気環境が改善したことを示唆する証拠がほとんどないことが判明した。また、Davisは、自動車の運転規制によって住民が別の公共交通機関を利用するようになったかどうかも調べた。今回の研究では、2005~2012年の地下鉄、バス、路面電車の利用者数を調べた上で、車両運転者が運転規制を理由として大気汚染物質排出量の少ない交通機関に乗り換えたことを示す証拠がないという結論が示されている。

Davisは、運転規制の有効性が、代替的な移動手段を利用できることと車両運転者が別の大気汚染物質排出量の少ない交通機関に乗り換えることに前向きであることに依存している点を指摘しているが、その一方で、住民の収入が増え続けると、時間をさらに貴重なものと感じるようになり、その結果として、自家用車を好むようになるという考えも示している。

The introduction of licence-plate-based driving restrictions on Saturdays in Mexico City have not led to an improvement in air quality, according to a study published in Scientific Reports this week.

Driving restrictions were introduced in Mexico City in November 1989. The program - Hoy No Circula - bans drivers from using their vehicles one weekday per week based on the last digit of their licence plate. For almost two decades the restrictions applied on weekdays only. However, in July 2008, the programme was expanded to include Saturdays.

Lucas Davis analysed hourly air pollution data from 29 pollution monitoring stations distributed throughout Mexico City, from 2005-2012. By analysing levels of eight pollutants, including carbon monoxide, ozone, sulphur dioxide and nitrogen dioxide, the author found that there was little evidence to suggest that the expansion of the program had improved air quality. The author also investigated if driving restrictions induced people to use different forms of public transportation. By looking at the number of people using subways, buses and light rail over the same period, the study concludes that there was no evidence drivers were switching to lower-emitting forms of transportation because of the driving restrictions.

The author notes that the effectiveness of driving restrictions depends on the availability of alternatives and the willingness of drivers to switch to lower-emissions forms of transportation. However, as incomes continue to increase, so does the value that people place on their time and thus, the author suggests, the preference for private transportation.

doi: 10.1038/srep41652

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度