Research press release

神経科学:脳内音声処理が脳震盪の診断に役立つかもしれない

Scientific Reports

Neuroscience: Sound processing may help diagnose concussion

脳震盪を起こした子どもの診断に役立つ可能性がある生物学的マーカーが発見されたことを報じる論文が掲載される。この初期研究では、脳震盪が発話音声の神経処理を阻害するという仮説の検証が行われ、発話音声が引き起こす周波数追従反応(FFR)、つまり音声を聞いた時に脳内で発する神経信号を測定することが、脳震盪の診断と管理に役立つ可能性のあることが明らかになった。

現在のところ脳震盪の診断を確実に下すための単独の検査法が検証されておらず、臨床医は、複数の器官系にわたる一定数の症状を比較評価する方法に依存して診断を下している。一方、脳震盪を始めとする軽度外傷性脳損傷の影響の1つとして、音声の意味を理解する能力の低下が挙がっている。

今回、Nina Krausの研究チームは、平均年齢13歳の40人の子ども(そのうちの20人が脳震盪を起こした)を対象として、発話音声の基本周波数(音声と話者を追跡、特定するために用いられる音響キュー)を処理する能力が阻害されるのかどうかを調べた。その結果、脳震盪を起こした子どもには特徴的な神経プロファイルがあり、脳震盪を起こしていない子どもと異なっていることが明らかになった。また、各グループの参加者のFFRの測定結果からは、音声の神経処理を監視することで、脳震盪症例の90%と対照症例の95%を正しく判定できることが分かった。今後は、新たなコホートにおける検証など、いろいろな研究を積み重ねる必要があるが、脳震盪の診断と管理においてFFRが役立つと考えられることをKrausたちは指摘している。

A biological marker, which may help diagnose children who have experienced concussion, has been identified in a study published in Scientific Reports. In this initial study, the authors tested the hypothesis that concussions disrupt the neural processing of speech, and believe that measuring speech-evoked frequency-following responses (FFRs) - neural signals generated in the brain upon hearing sound - may assist in the diagnosis and management of concussions.

Currently no single test has been validated to reliably diagnose concussion; instead, clinicians rely on weighing up a number of symptoms across multiple organ systems in order to make a diagnosis. However, among the consequences of mild traumatic brain injuries, such as concussion, is a compromised ability to make sense of sound.

In a study involving 40 children (20 of whom had sustained concussion) with an average age of 13, Nina Kraus and colleagues investigated if concussion disrupts the ability to process the fundamental frequency of speech - an acoustic cue used to track and identify sounds and speakers. The authors found that children with concussion exhibit a signature neural profile that distinguishes them from those without concussion. By measuring FFRs of participants in each group, the authors found that monitoring neural processing of sound correctly identified 90% of concussion cases and 95% of the control cases. The authors note that further studies are needed, including validation in a novel cohort, but FFR may assist in the diagnosis and management of concussions in the future.

doi: 10.1038/srep39009

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度