Research press release

【微生物学】アルツハイマー病患者の脳組織が真菌に感染していた

Scientific Reports

Microbiology: Fungal infection in patients with Alzheimer’s

アルツハイマー病患者の脳組織で真菌細胞と真菌菌糸が見つかったという初期研究の結果を報告する論文が、今週掲載される。

この研究で、Luis Carrascoたちは、顕微鏡と抗真菌抗体を用いて、11人のアルツハイマー病患者と10人の対照患者から採取した脳組織標本を調べた。研究対象となった患者のうち、アルツハイマー病患者全員の脳組織切片から真菌細胞とその他の真菌材料が検出されたが、対照患者からは発見されなかった。また、アルツハイマー病患者の血液試料には真菌の高分子(タンパク質、DNAなど)の存在が確認された。Carrascoたちは、検出された真菌の形態的特徴がアルツハイマー病患者一人一人異なっているかもしれないと指摘しており、このことからは、存在する真菌種が症例ごとに異なっている可能性が示唆されている。

Carrascoたちは、今回の研究対象となったアルツハイマー病患者の年齢(62~92歳)を考慮し、適応免疫応答の弱いことが真菌感染症の出現の一因とする見解を示している。しかし、今回明らかになった真菌感染の原因を確定するにはさらなる臨床研究が必要とされる。

Fungal cells and hyphae have been identified in brain tissue from patients with Alzheimer’s, according to an initial study published in Scientific Reports this week.

Using microscopy and anti-fungal antibodies, Luis Carrasco and colleagues examined brain tissue samples from eleven patients who had Alzheimer’s and ten control patients. The authors found that in the patients studied, fungal cells and other fungal material were present in brain sections from all of the patients with Alzheimer’s, but not those of the controls. They also identified the presence of fungal macromolecules such as proteins and DNA in blood samples from the patients with Alzheimer’s. The authors note that the morphological characteristics of the fungi may be different for each of the patients with Alzheimer’s, which could suggest that the fungal species present may differ in each case.

Owing to the ages of the patients with Alzheimer’s studied (ranging from 62-92 years old) the authors suggest that a poor adaptive immune response may contribute to the emergence of fungal infections. However, further clinical studies are required to establish the cause of the infections in this case.

doi: 10.1038/srep15015

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度