Research press release

【栄養】緑茶がデンプンの消化に影響する可能性

Scientific Reports

Nutrition: Green tea may affect starch digestion

緑茶が食事性デンプンの消化と吸収を抑制することを明らかにした予備的研究についての報告が、今週掲載される。

今回、Jaroslaw Walkowiakたちは、19~28歳の被験者28人の参加を得て、プラセボ対照無作為化交差試験を実施した。被験者は12時間絶食してから(1)コーンフレーク(デンプン源)と(2)緑茶抽出物入りウエハース又はプラセボを摂取した。そして、消化時の炭水化物の分解を調べるためにデンプンの二酸化炭素呼気検査が実施された。その結果、緑茶抽出物を単回摂取した被験者のデンプンの消化と吸収がプラセボを摂取した被験者より少ないことが判明した。

Walkowiakたちは、今回の研究における緑茶抽出物の摂取量が少なくとも数杯分の緑茶に相当し、通常の1日の摂取量がこれより少ないことが一般的であるため、緑茶の効果が実験の場合ほど明白に出ない可能性のあることを指摘している。この緑茶効果に関係する機構と緑茶の化学成分の臨床的重要性を解明するためには、さらなる研究が必要とされる。

Green tea may limit digestion and absorption of dietary starch according to a preliminary study published in Scientific Reports this week.

Jaroslaw Walkowiak and colleagues enrolled 28 participants between the ages of 19-28 years old in a randomised, placebo controlled, crossover trial. After fasting for 12 hours prior to the test, participants were asked to eat a meal consisting of cornflakes (a source of starch) and either a digestible wafer containing green tea extract, or a placebo. A CO2 starch breath test was then used to assess the breakdown of carbohydrates during digestion. The authors found that a single dose of green tea extract decreased starch digestion and absorption when compared to the placebo group.

The authors note that the dose of green tea extract used in the study was equivalent to at least several cups of green tea and, as normal daily intake is generally smaller, potential effects may not be as pronounced as those in the test. Further studies are required to determine the mechanism involved and the clinical significance of the chemical components of green tea.

doi: 10.1038/srep12015

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度