Research Abstract

口腔細菌ミュータンス菌特異株の感染は潰瘍性大腸炎のリスクを高める

Infection of specific strains of Streptococcus mutans, oral bacteria, confers a risk of ulcerative colitis

2012年3月26日 Scientific Reports 2 : 332 doi: 10.1038/srep00332 (2012)

これまでに口腔細菌に関連した全身性疾患の報告がなされてきているが、虫歯の病原菌であるミュータンス菌(Streptococcus mutans)と、潰瘍性大腸炎(UC)との間の関連は報告されていない。そこで我々は、デキストラン硫酸ナトリウム(DSS)により誘導したマウスの大腸炎に対して、さまざまなミュータンス菌株の影響を検討した。ミュータンス菌特異株TW295の投与は大腸炎を悪化させたが、標準株MT8148の投与では悪化は見られなかった。また、菌を投与されたマウスの肝細胞では、特異株TW295の局在が観察された。肝臓ではインターフェロン-γ【特殊文字】の発現上昇も認められ、肝臓はミュータンス菌特異株による大腸炎悪化に対する標的器官であることが示唆された。UC患者での特異株の検出頻度は、健常者よりも著しく高く、患者から単離されたミュータンス菌特異株の投与は、大腸炎を悪化させた。強毒性の特殊なミュータンス菌の感染は、UCの悪化における潜在的な危険因子となるかもしれない。

小島 あゆち1,2, 和田 孝一郎1,2, 高橋 宏和3, 形山 和史2,4, 米田 正人3, 日暮 琢磨3, 野村 良太1, 外村 和也5, 村中 祥悟6, 松橋 信行7, 梅村 和夫5, 上崎 善規2, 中島 淳3 & 大嶋 隆1

  1. 大阪大学大学院 歯学研究科 小児歯科学教室
  2. 大阪大学大学院 歯学研究科 薬理学教室
  3. 横浜市立大学 附属病院 消化器内科
  4. 大阪大学大学院 薬学研究科 分子生物学分野
  5. 浜松医科大学 薬理学講座
  6. 浜松医科大学 超微形態共同実験室
  7. NTT関東病院 消化器内科

Although oral bacteria-associated systemic diseases have been reported, association between Streptococcus mutans, pathogen of dental caries, and ulcerative colitis (UC) has not been reported. We investigated the effect of various S. mutans strains on dextran sodium sulfate (DSS)-induced mouse colitis. Administration of TW295, the specific strain of S. mutans, caused aggravation of colitis; the standard strain, MT8148 did not. Localization of TW295 in hepatocytes in liver was observed. Increased expression of interferon-γ in liver was also noted, indicating that the liver is target organ for the specific strain of S. mutans-mediated aggravation of colitis. The detection frequency of the specific strains in UC patients was significantly higher than in healthy subjects. Administration of the specific strains of S. mutans isolated from patients caused aggravation of colitis. Infection with highly-virulent specific types of S. mutans might be a potential risk factor in the aggravation of UC.

プライバシーマーク制度