Research press release

米国内の産業用風力タービンのデータセット

Scientific Data

Location of US industrial wind turbines mapped

米国内に設置されている合計48,976基の産業用の陸上風力タービンの詳細な個別情報(所在地、高さ、羽根の長さ、発電能力など)のカタログが作成された。この地理空間データは、鳥類と風力発電地帯の相互関係の調査などの科学研究だけでなく、土地管理と都市計画などの規制目的にも役立つ可能性がある。このデータセットが、今週掲載される。

風力エネルギーは米国内の再生可能資源による発電の31%を占めているが、米国国内の個々の風力タービンの所在地と仕様が記録された無償公開のデータセットは、これまで存在していなかった。

今回、Jay Diffendorferのグループは、米国連邦航空局(FAA)、米国地質調査所などさまざまな公共の情報源から1980年代初頭から2014年3月までの風力タービンに関する記録を収集、編集した上で、航空写真を使ってタービンの位置情報をデジタル化し、検証した。このマッピング作業の対象となったのは、高さが30.5 m以上で集中型発電施設が併設された産業用タービンであり、家庭、牧場やその他の用途の分散型小型タービンは含まれていない。また、マッピングされたタービンのそれぞれには仕様(高さ、羽根の長さ、メーカー名、型式名、発電能力)も付記されている。Diffendorferたちは、このData Descriptor論文(貴重な研究データセットを最大限再利用できるようにし、検索、リンク設定とデータマイニングのできる査読済み論文)と共にデータの静的コピーを公開すると同時に、このデータが組み込まれた使い勝手の良いインタラクティブマップをウェブ上(http://eerscmap.usgs.gov/windfarm/)で公開している。さらに、Diffendorferたちは、コンピュータープログラムを通じてデータにアクセスでき、他のマッピングのツールやアプリにデータを簡単に組み込めるようなオンラインサービスも提供している。

Detailed information on onshore industrial wind turbines in the United States, including their location, height, blade length and generating capacity, totalling 48,976 individual turbines, is catalogued and described online this week in Scientific Data. These geospatial data could be of use for scientific research, in applications such as investigating the interaction of birds with wind farms, as well as for regulatory purposes, such as land management and city planning.

Wind energy accounts for 31% of all US electricity production from renewable resources; however, a free, national, turbine-level dataset recording wind turbine location and specifications did not exist previously.

Jay Diffendorfer and colleagues collected and compiled wind turbine records from the early 1980s to March 2014 from various public sources, including the Federal Aviation Administration (FAA) and US Geological Survey, and then used aerial imagery to digitize or verify the position of the turbines. They mapped industrial turbines that are at least 30.5 meters tall and associated with centralized energy-generating facilities, but did not include small, decentralized turbines, associated with homes, ranches, or other applications. They also assigned specifications, including height, blade length, make, model and power generation capacity for each turbine mapped. On top of the static copy of the data made available alongside the Data Descriptor (a peer-reviewed article designed to maximize the reuse of a valuable research dataset, and enable searching, linking and data mining), the authors have published a user-friendly web-based interactive map of the data at http://eerscmap.usgs.gov/windfarm/. They also provide online services that allow programmatic access to the data, and easy incorporation into other mapping tools and apps.

doi: 10.1038/sdata.2015.60|英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度