Review Abstract

肥満

Obesity

2017年6月15日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 17034 (2017) doi: 10.1038/nrdp.2017.34

肥満
拡大する

肥満における脂肪の過剰蓄積は多因子病因によるものであるが、一般的にはエネルギーの摂取と消費の不均衡の結果であると考えられている。肥満の蔓延防止に特化した公衆衛生政策や個別の治療努力が行われているにもかかわらず、世界では20億人以上の過体重者と肥満者が存在している。過剰な体重増加とその関連併存疾患を理解するには、脂肪組織の恒常性に加えて、中枢神経系回路網、熱量代謝回転、および代謝を知ることが重要である。見かけ上健康であっても肥満はQOLに多大な影響を及ぼす。肥満治療では、食餌、身体活動または運動や生活習慣の修正が基本になるが、薬物治療や肥満手術も重要な選択肢になりつつある。家族歴、食品環境、文化的嗜好、食物有害反応、周産期栄養、既往症と現疾患、および身体活動パターンは、肥満治療に従事する医療従事者にとって重要な関連事項である。しかし、現在蔓延している肥満に対する重大な環境要因や社会経済的要因への臨床医や医療従事者の取組みは不十分であることが多い。最後に、“オミクス”技術を活用して、エピジェネティック因子、遺伝因子ならびに代謝経路を解明することによって、肥満に対する精密医療が大きく推進される可能性がある。

PrimeView
世界の過体重と肥満の成人は21億人以上と推定されている。このPrimeViewでは、エネルギー消費の減少、エネルギーの過剰摂取、遺伝的性質、および社会的要因と文化的要因などの過体重と肥満のリスクを上昇する要因を中心に取りまとめる。
本Primerの図解サマリー

Excessive fat deposition in obesity has a multifactorial aetiology, but is widely considered the result of disequilibrium between energy intake and expenditure. Despite specific public health policies and individual treatment efforts to combat the obesity epidemic, >2 billion people worldwide are overweight or obese. The central nervous system circuitry, fuel turnover and metabolism as well as adipose tissue homeostasis are important to comprehend excessive weight gain and associated comorbidities. Obesity has a profound impact on quality of life, even in seemingly healthy individuals. Diet, physical activity or exercise and lifestyle changes are the cornerstones of obesity treatment, but medical treatment and bariatric surgery are becoming important. Family history, food environment, cultural preferences, adverse reactions to food, perinatal nutrition, previous or current diseases and physical activity patterns are relevant aspects for the health care professional to consider when treating the individual with obesity. Clinicians and other health care professionals are often ill-equipped to address the important environmental and socioeconomic drivers of the current obesity epidemic. Finally, understanding the epigenetic and genetic factors as well as metabolic pathways that take advantage of ‘omics’ technologies could play a very relevant part in combating obesity within a precision approach.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度