Review Abstract

外傷性脳損傷

Traumatic brain injuries

2016年11月17日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 16084 (2016) doi: 10.1038/nrdp.2016.84

外傷性脳損傷
拡大する

外傷性脳損傷(TBI)は臨床的重症度に応じて、軽度、中等度および重度に分類される。軽度TBI(重症度が最も軽いもの)は脳震盪としても知られており、鈍的損傷による非穿通性の頭部外傷が起因することが多い。軽度TBIの最もよく研究されている発症機構として、外傷による軸索の伸長および剪断と、それによるびまん性軸索損傷の誘発が知られている。軽度TBIは臨床的背景に定義されているにもかかわらず、軽度TBI患者のニューロン損傷の有無を判定できる十分に検証されたイメージング技術または液性バイオマーカーは存在しない。ほとんどの軽度TBI患者は直ちに回復するが、脳震盪後症候群と呼ばれる症状が持続する症例も報告されており、その病態生理はほとんど明らかにされていない。脳震盪に至る程度、もしくは至らない程度(subconcussive)の頭部損傷の繰返しは、神経変性疾患である慢性外傷性脳症(CTE)と関連しており、コンタクトスポーツの選手や爆風に曝された兵士の死後検査ではCTEが認められる。重度の損傷やCTEから得られる洞察は、軽度TBIに関与する細胞プロセスと分子プロセスを解明するのに役立つだろう。タウ病理のPET検査に加えて、軸索損傷の同定と評価を行う軸索タンパク質のMRI技術および血液検査は、縦断的臨床研究でCTEの病態生理を解明するツールとして有望であるのみならず、CTEの診断ツールとしても開発されるだろう。CTEが頭部外傷の繰返しに起因するならば、スポーツ団体や議員によるルール変更によって予防できる可能性がある。

PrimeView
外傷性脳損傷(TBI)は、あらゆる年齢の人々に発症する可能性があり、世界の障害と死亡の主原因となっている。このPrimeViewでは、軸索損傷、炎症および血管障害を含むTBIの発症機構について取りまとめる。
本Primerの図解サマリー

Traumatic brain injuries (TBIs) are clinically grouped by severity: mild, moderate and severe. Mild TBI (the least severe form) is synonymous with concussion and is typically caused by blunt non-penetrating head trauma. The trauma causes stretching and tearing of axons, which leads to diffuse axonal injury — the best-studied pathogenetic mechanism of this disorder. However, mild TBI is defined on clinical grounds and no well-validated imaging or fluid biomarkers to determine the presence of neuronal damage in patients with mild TBI is available. Most patients with mild TBI will recover quickly, but others report persistent symptoms, called post-concussive syndrome, the underlying pathophysiology of which is largely unknown. Repeated concussive and subconcussive head injuries have been linked to the neurodegenerative condition chronic traumatic encephalopathy (CTE), which has been reported post-mortem in contact sports athletes and soldiers exposed to blasts. Insights from severe injuries and CTE plausibly shed light on the underlying cellular and molecular processes involved in mild TBI. MRI techniques and blood tests for axonal proteins to identify and grade axonal injury, in addition to PET for tau pathology, show promise as tools to explore CTE pathophysiology in longitudinal clinical studies, and might be developed into diagnostic tools for CTE. Given that CTE is attributed to repeated head trauma, prevention might be possible through rule changes by sports organizations and legislators.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度