Review Abstract

市中細菌性髄膜炎

Community-acquired bacterial meningitis

2016年11月3日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 16074 (2016) doi: 10.1038/nrdp.2016.74

市中細菌性髄膜炎
拡大する

髄膜炎は大脳の皮質と実質にも影響し得る髄膜およびくも膜下腔の炎症である。髄膜炎には市中で自然に感染するもの(市中細菌性髄膜炎)と侵襲的手技による合併症や頭部外傷によって院内感染するもの(院内細菌性髄膜炎)がある。治療法や予防接種は進歩しているものの、市中細菌性髄膜炎は今も世界で最も重要な感染性疾患の1つである。肺炎連鎖球菌および髄膜炎菌は最もよく見られる起炎菌であり、高い罹患率および死亡率に関連している。これらの微生物に対するワクチンは、インフルエンザ菌b型髄膜炎を標的化した実績のあるワクチンと同じデザインを有しており、現在、多くの通常の予防接種プログラムに使用されている。基礎研究と遺伝子関連研究によって細菌性髄膜炎の病因に関するわれわれの知識は深まってきた。早期の抗菌薬治療によって治療成績は改善したが、血清型および菌群の分布が変化しただけでなく、薬剤耐性菌の出現が増加したため、新しいワクチンと治療方法の開発が爆発的に進められるようになった。細菌種によってはコルチコステロイドが有益であることが高所得国で明らかにされた。治療成績をさらに改善するには、宿主の炎症反応の緩和と予防方法、とりわけ新しいワクチンの開発への取組みが必要になるだろう。

PrimeView
市中細菌性髄膜炎は髄膜の炎症であり内科的救急疾患である。このPrimeViewでは、細菌が宿主に感染した後、血流に移行して脳脊髄液に侵入する機構を中心に取りまとめる。
本Primerの図解サマリー

Meningitis is an inflammation of the meninges and subarachnoid space that can also involve the brain cortex and parenchyma. It can be acquired spontaneously in the community — community-acquired bacterial meningitis — or in the hospital as a complication of invasive procedures or head trauma (nosocomial bacterial meningitis). Despite advances in treatment and vaccinations, community-acquired bacterial meningitis remains one of the most important infectious diseases worldwide. Streptococcus pneumoniae and Neisseria meningitidisare the most common causative bacteria and are associated with high mortality and morbidity; vaccines targeting these organisms, which have designs similar to the successful vaccine that targets Haemophilus influenzae type b meningitis, are now being used in many routine vaccination programmes. Experimental and genetic association studies have increased our knowledge about the pathogenesis of bacterial meningitis. Early antibiotic treatment improves the outcome, but the growing emergence of drug resistance as well as shifts in the distribution of serotypes and groups are fuelling further development of new vaccines and treatment strategies. Corticosteroids were found to be beneficial in high-income countries depending on the bacterial species. Further improvements in the outcome are likely to come from dampening the host inflammatory response and implementing preventive measures, especially the development of new vaccines.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度