Review Abstract

結核

Tuberculosis

2016年10月27日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 16076 (2016) doi: 10.1038/nrdp.2016.76

結核
拡大する

結核は結核菌群を原因とする空気感染性疾患である。結核菌は主に肺病原体として作用するが、全身のほとんどの部位で疾患を引き起こすことができる。結核菌による感染症は、菌が肉芽腫内に隔離されて宿主内に封じ込められた状態(潜在性結核感染症)から、咳嗽、発熱、寝汗、体重減少などの症状が患者に発現する伝染期へと進展する。活動性肺結核のみが伝染する。結核は多くの低所得国と中所得国の罹患と死亡の主因であり続けており、多くの施設で薬剤耐性結核が大きな懸念となっている。結核の診断では、迅速分子検査などのいくつかの新しい方法が開発されているが、より簡便なポイントオブケア検査法が求められている。通常、抗菌薬の長期多剤併用療法が行われているため、より短期間での治療方法の開発が進められている。結核は幼児や小児にとって生命を脅かす疾患であり、主な予防法としてカルメットゲラン桿菌(BCG)ワクチンが世界で使用されているが、その効果は結核の世界的蔓延を阻止するに至っていない。このため、より有効性の高い新型ワクチンの開発への取組みが進められている。2035年までに結核の世界的蔓延を阻止するためには、新しいツールに加えて、改良対策プログラムの推進や資金援助も必要である。

PrimeView
このPrimeViewでは結核菌による感染症の複雑な病態について取りまとめる。結核菌が肺内に潜伏している間は無症候性であるが、活動性結核に進展すると抗菌薬の長期多剤併用療法が必要となる。疾病負担が大きく資源の乏しい地域では結核の罹患率と死亡率が高い。
本Primerの図解サマリー

Tuberculosis (TB) is an airborne infectious disease caused by organisms of the Mycobacterium tuberculosis complex. Although primarily a pulmonary pathogen, M. tuberculosis can cause disease in almost any part of the body. Infection with M. tuberculosis can evolve from containment in the host, in which the bacteria are isolated within granulomas (latent TB infection), to a contagious state, in which the patient will show symptoms that can include cough, fever, night sweats and weight loss. Only active pulmonary TB is contagious. In many low-income and middle-income countries, TB continues to be a major cause of morbidity and mortality, and drug-resistant TB is a major concern in many settings. Although several new TB diagnostics have been developed, including rapid molecular tests, there is a need for simpler point-of-care tests. Treatment usually requires a prolonged course of multiple antimicrobials, stimulating efforts to develop shorter drug regimens. Although the Bacillus Calmette–Guérin (BCG) vaccine is used worldwide, mainly to prevent life-threatening TB in infants and young children, it has been ineffective in controlling the global TB epidemic. Thus, efforts are underway to develop newer vaccines with improved efficacy. New tools as well as improved programme implementation and financing are necessary to end the global TB epidemic by 2035.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度