Review Abstract

大うつ病性障害

Major depressive disorder

2016年9月15日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 16065 (2016) doi: 10.1038/nrdp.2016.65

大うつ病性障害
拡大する

大うつ病性障害(MDD)は、抑うつ気分、興味の減退、認知機能の障害ならびに睡眠障害や食欲障害などの自律神経症状を特徴とする消耗性疾患である。女性のMDDの発症率は男性の約2倍であり、生涯に6人に1人が罹患する。MDDの原因は多因子的であり、その遺伝率は約35%と推定されている。これ以外にも、小児期における性的、肉体的あるいは精神的虐待のような環境因子がMDDの発症リスクと深く関連している。この疾患のあらゆる側面を説明する発症機構はまだ明らかになっていない。一方でMDDは、特に海馬などの脳領域の容積変化ならびに認知制御ネットワークや感情性・顕著性ネットワークのような脳回路の機能変化とも関連している。さらに、MDDでは視床下部-下垂体-副腎系などの主要な神経生物学的ストレス応答システムも障害される。治療の中心は心理療法および薬物療法である。増強治療または併用治療のいずれにも反応しない治療抵抗性患者には、電気けいれん療法が最良の経験的エビデンスを有する治療法として用いられる。このPrimerではMDDの疫学、病因、病態生理学、診断および治療に関する最新のエビデンスについて概説する。

PrimeView
このPrimeViewでは抑うつ気分、興味の減退、認知機能の障害および自律神経症状が持続する精神疾患である大うつ病性障害について取りまとめる。
本Primerの図解サマリー

Major depressive disorder (MDD) is a debilitating disease that is characterized by depressed mood, diminished interests, impaired cognitive function and vegetative symptoms, such as disturbed sleep or appetite. MDD occurs about twice as often in women than it does in men and affects one in six adults in their lifetime. The aetiology of MDD is multifactorial and its heritability is estimated to be approximately 35%. In addition, environmental factors, such as sexual, physical or emotional abuse during childhood, are strongly associated with the risk of developing MDD. No established mechanism can explain all aspects of the disease. However, MDD is associated with alterations in regional brain volumes, particularly the hippocampus, and with functional changes in brain circuits, such as the cognitive control network and the affective–salience network. Furthermore, disturbances in the main neurobiological stress-responsive systems, including the hypothalamic–pituitary–adrenal axis and the immune system, occur in MDD. Management primarily comprises psychotherapy and pharmacological treatment. For treatment-resistant patients who have not responded to several augmentation or combination treatment attempts, electroconvulsive therapy is the treatment with the best empirical evidence. In this Primer, we provide an overview of the current evidence of MDD, including its epidemiology, aetiology, pathophysiology, diagnosis and treatment.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度