Review Abstract

子宮筋腫

Uterine fibroids

2016年6月23日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 16043 (2016) doi: 10.1038/nrdp.2016.43

子宮筋腫
拡大する

子宮筋腫(uterine fibroids、別名:leiomyomasまたはmyomas)はよく見られる子宮のクローン性の腫瘍である。筋腫は線維性細胞外マトリックスに加えて平滑筋と線維芽細胞の両方から成り、これらいずれの成分も発症過程に寄与する。筋腫の病態生理、大きさ、局在および臨床症状は極めて多様である。筋腫には悪性化する変異体も若干あるが概して良性であり、このことも疾患範囲の一部になっている。筋腫のリスクと人種には関連がある。若年黒人女性の筋腫の発症リスクは、同年代の白人女性と比べて高いことに加え、より重症化して発症する。臨床的には、すべての子宮摘出術例の1/3から1/2の原因が筋腫であり、妊娠適齢期の女性における高い罹患率と高額な医療費に関連している。実際、現在の治療は外科手術とインターベンション療法が中心になる。筋腫治療の約3/4は子宮摘出術が占めている。しかし、プロゲステロン受容体修飾薬による薬物治療によって、臨床に革新がもたらされている。筋腫形成の原因となる遺伝的サブグループに関する新たな情報が急速に蓄積されることで、子宮筋腫の臨床的多様性の理解が深まり、個別化治療につながることが期待される。このような情報は、治療の意思決定の基礎となる高品質なエビデンスが不十分な現状にとって重要な進歩といえる。

PrimeView
子宮筋腫はよく見られる子宮の腫瘍で、疼痛および泌尿器系や消化器系の問題をはじめ、重度または長期の月経出血の原因となる。このPrimeViewでは子宮筋腫の発症機構を中心に取りまとめる。
本Primerの図解サマリー

Uterine fibroids (also known as leiomyomas or myomas) are common clonal neoplasms of the uterus. Fibroids have both smooth muscle and fibroblast components, in addition to a substantial amount of fibrous extracellular matrix, which all contribute to the pathogenetic process. Fibroids are extremely heterogeneous in their pathophysiology, size, location and clinical symptomatology. They are also a part of a range of disease in which some variants have facets of malignant behaviour but overall are benign. Risk for fibroids is associated with race; black women have a higher risk of developing fibroids earlier in life than their white counterparts and also develop more-severe forms of the disease. Clinically, fibroids account for one-third to half of all hysterectomies and are associated with substantial morbidity and health care costs for women of reproductive age. Indeed, current treatments are primarily surgical and interventional; approximately three-quarters of all fibroid treatments are hysterectomies. However, clinical innovations are emerging in the use of progesterone receptor modulators as a medical therapy. New information is rapidly accumulating about the genetic subgroups that lead to fibroid formation, which might aid further understanding of the clinical heterogeneity of this disease and lead to individualized treatments. This information is a crucial development given the current lack of high-quality evidence on which to base therapeutic decisions.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度