Review Abstract

結節性硬化症

Tuberous sclerosis complex

2016年5月26日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 16035 (2016) doi: 10.1038/nrdp.2016.35

結節性硬化症
拡大する

結節性硬化症(TSC)はさまざまな臓器系に影響を及ぼす常染色体優性遺伝疾患で、TSC1TSC2のいずれか一方の遺伝子における機能喪失型変異が原因とされている。成人と小児のいずれもが罹患する疾患である。1880年にBournevilleが最初に報告して以来、現在では世界で約200万人の罹患者がいると推測されている。TSCの臨床像は特徴的であるが、たとえ同じ家族内であっても個々の患者により大きく異なっている。TSCの主徴には、脳、皮膚、心臓、肺および腎臓の腫瘍、てんかん、TSC関連神経精神障害(自閉症スペクトラム障害と認知障害を含める)などがある。TSC1(別名ハマルチン)およびTSC2(別名チュベリン)はTSC蛋白質複合体を形成してラパマイシン標的タンパク質(mTOR)のシグナル伝達経路を阻害することで、細胞成長、増殖、自己消化、および蛋白質と脂質の生成を調節する。基礎研究やトランスレーショナル研究の驚異的な進歩をはじめ、いくつかの多国間ランダム化対照試験によって、mTOR阻害薬は腎臓の血管筋脂肪腫、脳の星状細胞腫、および肺のリンパ脈管筋腫症の治療薬として承認されたが、すべての治療適応を取得するまでには、さらなる研究が必要である。このPrimerでは、疾患の分子的および細胞的基礎、医学的管理、主な知識格差および進行中の治療研究を含むTSC分野における最新の知識について取りまとめる。

PrimeView
このPrime Viewでは、TSC1TSC2のいずれかの変異が原因となる生涯続く慢性疾患である結節性硬化症(TSC)の発症機構について取りまとめる。これらの変異はさまざまな臓器における良性腫瘍の増大を促進するシグナル伝達の変化につながっている。
本Primerの図解サマリー

Tuberous sclerosis complex (TSC) is an autosomal dominant disorder that affects multiple organ systems and is caused by loss-of-function mutations in one of two genes: TSC1 or TSC2. The disorder can affect both adults and children. First described in depth by Bourneville in 1880, it is now estimated that nearly 2 million people are affected by the disease worldwide. The clinical features of TSC are distinctive and can vary widely between individuals, even within one family. Major features of the disease include tumours of the brain, skin, heart, lungs and kidneys, seizures and TSC-associated neuropsychiatric disorders, which can include autism spectrum disorder and cognitive disability. TSC1 (also known as hamartin) and TSC2 (also known as tuberin) form the TSC protein complex that acts as an inhibitor of the mechanistic target of rapamycin (mTOR) signalling pathway, which in turn plays a pivotal part in regulating cell growth, proliferation, autophagy and protein and lipid synthesis. Remarkable progress in basic and translational research, in addition to several randomized controlled trials worldwide, has led to regulatory approval of the use of mTOR inhibitors for the treatment of renal angiomyolipomas, brain subependymal giant cell astrocytomas and pulmonary lymphangioleiomyomatosis, but further research is needed to establish full indications of therapeutic treatment. In this Primer, we review the state-of-the-art knowledge in the TSC field, including the molecular and cellular basis of the disease, medical management, major knowledge gaps and ongoing research towards a cure.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度