Review Abstract

胆石症

Gallstones

2016年4月28日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 16024 (2016) doi: 10.1038/nrdp.2016.24

胆石症
拡大する

胆石は胆嚢または胆道の内部で形成される。これらの胆石には無症候性になるものと症候性になるものがあり、症候または合併症のある胆石のみを胆石症と定義している。胆石は、その構成成分によって、胆石の大部分を占めるコレステロール系胆石とビリルビン系(“色素”)石に分けられる。慢性溶血によって黒色胆石が形成されることがある一方、閉塞および感染した胆管では褐色胆石が形成されることが一般的である。胆石の構成成分よりも胆道内での存在部位のほうが治療に重要である。概して、成人の最大20%が胆石を有しており、さらにその20%以上が症状もしくは合併症を発症する。胆石のリスク因子は、女性、年齢、妊娠、運動不足、肥満および栄養過多である。メタボリックシンドロームに関与する因子は、胆石症の発症リスクも増加するため、生活習慣の修正による一次予防の基礎を成している。肝臓のコレステロール輸送体遺伝子である ABCG8 によく見られる変異は、胆石症発症の遺伝的リスクの大部分を占め、全リスクの約25%に相当する。診断は主に、臨床症状、腹部超音波検査および肝臓生化学検査に基づいて行われる。胆石の症状は、生命を脅かすことがある3種のよく見られる胆石合併症(急性胆嚢炎、急性胆管炎および胆道膵炎)の発症に先立って発現することが多い。近年、胆石の遺伝的特徴および病態生理に関する我々の知識は拡大しているが、現在の治療アルゴリズムは依然として侵襲的方法が中心であり、外科手術が基本になっている。したがって、今後、胆石症の発症を克服する新しい予防戦略に焦点を合わせるべきだが、それはリスクを有する患者はもとより、一般集団についても検討していく必要がある。

PrimeView
成人の10~20%が生涯に胆石を保有することになり、その20%以上が症状もしくは合併症を発症する。このPrimeViewでは、遺伝的特徴、民族性、性別、年齢、薬剤、寄生虫、栄養過多、妊娠などの最もよく見られるリスク因子に焦点を合わせる。
本Primerの図解サマリー

Gallstones grow inside the gallbladder or biliary tract. These stones can be asymptomatic or symptomatic; only gallstones with symptoms or complications are defined as gallstone disease. Based on their composition, gallstones are classified into cholesterol gallstones, which represent the predominant entity, and bilirubin (‘pigment’) stones. Black pigment stones can be caused by chronic haemolysis; brown pigment stones typically develop in obstructed and infected bile ducts. For treatment, localization of the gallstones in the biliary tract is more relevant than composition. Overall, up to 20% of adults develop gallstones and >20% of those develop symptoms or complications. Risk factors for gallstones are female sex, age, pregnancy, physical inactivity, obesity and overnutrition. Factors involved in metabolic syndrome increase the risk of developing gallstones and form the basis of primary prevention by lifestyle changes. Common mutations in the hepatic cholesterol transporter ABCG8 confer most of the genetic risk of developing gallstones, which accounts for ∼25% of the total risk. Diagnosis is mainly based on clinical symptoms, abdominal ultrasonography and liver biochemistry tests. Symptoms often precede the onset of the three common and potentially life-threatening complications of gallstones (acute cholecystitis, acute cholangitis and biliary pancreatitis). Although our knowledge on the genetics and pathophysiology of gallstones has expanded recently, current treatment algorithms remain predominantly invasive and are based on surgery. Hence, our future efforts should focus on novel preventive strategies to overcome the onset of gallstones in at-risk patients in particular, but also in the population in general.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度