Review Abstract

クロストリジウム・ディフィシル感染症

Clostridium difficile infection

2016年4月7日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 16020 (2016) doi: 10.1038/nrdp.2016.20

クロストリジウム・ディフィシル感染症
拡大する

グラム陽性細菌であるクロストリジウム・ディフィシル(Clostridium difficile )による大腸の感染は生命を脅かす可能性があり、特に高齢者や抗菌薬曝露によって腸内微生物叢の腸内菌共生バランス異常が発生した患者には注意が必要である。クロストリジウム・ディフィシルは医療関連感染性下痢症(医療ケア関連感染性下痢症)の主原因である。クロストリジウム・ディフィシルの生活環は抗菌薬、宿主免疫系および宿主微生物叢とその関連代謝物によって影響を受ける。クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)の主なメディエーターは、クロストリジウム毒素の大部分を占めるトキシンA(TcdA)およびトキシンB(TcdB)であり、二元毒素CDTを産生する菌株もある。これらの毒素によって宿主の複雑な細胞応答カスケードが刺激され、CDIの主症状(下痢、炎症、組織壊死など)が発現する。クロストリジウム・ディフィシル菌の流行原因はほとんど分かっていない。反復感染することが多く消耗性になることがある。毒素の検出による診断は正確な疫学研究をはじめ、最適な管理と予防戦略に重要である。この感染症は特異的な抗菌薬で治療されることが多いが、反復感染には糞便微生物移植法が有望である。今後、クロストリジウム・ディフィシル感染に対する生物学的治療法は、主要な腸内微生物叢の特定の組合せに応じた方法になると思われる。

PrimeView
クロストリジウム・ディフィシル感染症はよく見られる医療関連感染性下痢症(感染性医療ケア関連下痢症)として増加傾向にある。このPrimeViewでは、この細菌による発症機構、特に抗菌薬投与後に発生しやすい腸内菌共生バランス異常について取りまとめる。
本Primerの図解サマリー

Infection of the colon with the Gram-positive bacterium Clostridium difficile is potentially life threatening, especially in elderly people and in patients who have dysbiosis of the gut microbiota following antimicrobial drug exposure. C. difficile is the leading cause of health-care-associated infective diarrhoea. The life cycle of C. difficile is influenced by antimicrobial agents, the host immune system, and the host microbiota and its associated metabolites. The primary mediators of inflammation in C. difficile infection (CDI) are large clostridial toxins, toxin A (TcdA) and toxin B (TcdB), and, in some bacterial strains, the binary toxin CDT. The toxins trigger a complex cascade of host cellular responses to cause diarrhoea, inflammation and tissue necrosis — the major symptoms of CDI. The factors responsible for the epidemic of some C. difficile strains are poorly understood. Recurrent infections are common and can be debilitating. Toxin detection for diagnosis is important for accurate epidemiological study, and for optimal management and prevention strategies. Infections are commonly treated with specific antimicrobial agents, but faecal microbiota transplants have shown promise for recurrent infections. Future biotherapies for C. difficile infections are likely to involve defined combinations of key gut microbiota.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度