Review Abstract

慢性閉塞性肺疾患

Chronic obstructive pulmonary disease

2015年12月3日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 15076 (2015) doi: 10.1038/nrdp.2015.76

慢性閉塞性肺疾患
拡大する

慢性閉塞性肺疾患(COPD)はよく見られる疾患で、世界でも高い罹患率と死亡率を示す。COPDは、可逆性の乏しい気道閉塞(肺活量から確認)を特徴とし、これには、空気とらえこみや労作性の息切れにつながる末梢気道の閉塞(慢性閉塞性細気管支炎)や肺気腫が含まれる。最もよく見られるCOPDの発症リスク因子は喫煙である。この他に、特に発展途上国では、屋内空気汚染物質への曝露などの環境要因によってCOPDリスクが影響される。COPDはすべての喫煙者に発症するわけではなく、その疾患感受性の原因は十分に解明されていない。COPDの発症機序はほとんど理解されていないが、通常、コルチコステロイド抵抗性を示す慢性炎症が関係している。また、COPDが酸化ストレスによる肺の加齢促進と修復機構の異常に関与していることも示されている。予後不良に結びつくため、主にウイルス性または細菌性感染により惹起される急性増悪は深刻である。安定期の管理では長時間作用性の吸入気管支拡張薬が中心となるが、好酸球性炎症や、より可逆性の高い気道閉塞のような、主に喘息の合併症状を有する患者にはコルチコステロイドが有用である。禁煙以外に疾患の進行を抑える治療法はない。この疾患の発症機序をより深く理解するため、また、疾患の活動性と進行を抑える新たな治療法を開発するためには、さらなる研究が必要である。

PrimeView
慢性閉塞性肺疾患(COPD)は、可逆性の乏しい気道閉塞を特徴とし、喫煙との強い関連を有している。このPrimeViewでは、COPDの疫学、診断および管理について要約し、気道で起こっている本疾患の発症機序を明示する。
本Primerの図解サマリー

Chronic obstructive pulmonary disease (COPD) is a common disease with high global morbidity and mortality. COPD is characterized by poorly reversible airway obstruction, which is confirmed by spirometry, and includes obstruction of the small airways (chronic obstructive bronchiolitis) and emphysema, which lead to air trapping and shortness of breath in response to physical exertion. The most common risk factor for the development of COPD is cigarette smoking, but other environmental factors, such as exposure to indoor air pollutants — especially in developing countries — might influence COPD risk. Not all smokers develop COPD and the reasons for disease susceptibility in these individuals have not been fully elucidated. Although the mechanisms underlying COPD remain poorly understood, the disease is associated with chronic inflammation that is usually corticosteroid resistant. In addition, COPD involves accelerated ageing of the lungs and an abnormal repair mechanism that might be driven by oxidative stress. Acute exacerbations, which are mainly triggered by viral or bacterial infections, are important as they are linked to a poor prognosis. The mainstay of the management of stable disease is the use of inhaled long-acting bronchodilators, whereas corticosteroids are beneficial primarily in patients who have coexisting features of asthma, such as eosinophilic inflammation and more reversibility of airway obstruction. Apart from smoking cessation, no treatments reduce disease progression. More research is needed to better understand disease mechanisms and to develop new treatments that reduce disease activity and progression.

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度