Review Abstract

注意欠如・多動性障害

Attention-deficit/hyperactivity disorder

2015年8月6日 Nature Reviews Disease Primers Article number: 15020 (2015) doi: 10.1038/nrdp.2015.20

注意欠如・多動性障害
拡大する

注意欠如・多動性障害(ADHD)は持続性の神経発達障害であり、世界の小児・思春期の5%、成人では2.5%が罹患している。ADHDでは、生涯を通して、他の精神障害、学業不振と就業困難、事故、犯罪、社会的障害、および薬物依存のリスクが高くなる。ADHDの原因となるリスク因子には、それ単一で必要または十分なものはない。ほとんどのADHD例は、個々の影響が小さいものの共同作用して易罹患性を上げる複数の遺伝的および環境的リスク因子によって発症する。ADHDには多様性があり、広範囲に及ぶ精神医学的共存症、神経認知機能障害の多様な領域、およびこの障害に関連する広範な構造的および機能的脳異常が認められる。このことは、この障害が多くの要因から成り立っていることと一致している。精神障害の標準的基準により評価したADHDの診断は信頼のおける有効なものである。スケールの評点や臨床面接は診断を容易にし、スクリーニングの手助けとなる。症状の発現は、患者の発育段階および社会的状況と学習状況の関係で変動する。ADHDに根治療法はないが、エビデンスに基づく治療方法によって症状や関連機能障害が顕著に抑えられることがある。例えば、効果的で、通常、忍容性が高い薬物治療が行われており、また、有用な種々の非薬理学的アプローチも存在する。現在進行している臨床研究および神経生物学的研究によって、ADHDの診断と治療アプローチが進展することが期待される。

本Primerの図解サマリー

Attention-deficit/hyperactivity disorder (ADHD) is a persistent neurodevelopmental disorder that affects 5% of children and adolescents and 2.5% of adults worldwide. Throughout an individual's lifetime, ADHD can increase the risk of other psychiatric disorders, educational and occupational failure, accidents, criminality, social disability and addictions. No single risk factor is necessary or sufficient to cause ADHD. In most cases ADHD arises from several genetic and environmental risk factors that each have a small individual effect and act together to increase susceptibility. The multifactorial causation of ADHD is consistent with the heterogeneity of the disorder, which is shown by its extensive psychiatric co-morbidity, its multiple domains of neurocognitive impairment and the wide range of structural and functional brain anomalies associated with it. The diagnosis of ADHD is reliable and valid when evaluated with standard criteria for psychiatric disorders. Rating scales and clinical interviews facilitate diagnosis and aid screening. The expression of symptoms varies as a function of patient developmental stage and social and academic contexts. Although there are no curative treatments for ADHD, evidenced-based treatments can markedly reduce its symptoms and associated impairments. For example, medications are efficacious and normally well tolerated, and various non-pharmacological approaches are also valuable. Ongoing clinical and neurobiological research holds the promise of advancing diagnostic and therapeutic approaches to ADHD. For an illustrated summary of this Primer, visit: http://nature.asia/1L9wkds

購読のご案内

Nature Reviews Disease Primers、各PrimerのFull Textにアクセスするためには、購読(7,200円/年)が必要です。 すでに当サイトにご登録の方は下記よりログインし購読お手続きにお進みください。サイト登録(無料)がまだの方は、登録後購読お手続きください。

「最新のPrimer」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度