RESEARCH ABSTRACT

Hsa-miR-520d-5pは致死線量のUV照射を受けたヒト皮膚線維芽細胞の生存を促進する

Hsa-miR-520d-5p promotes survival in human dermal fibroblasts exposed to a lethal dose of UV irradiation

2016年11月24日 npj Aging and Mechanisms of Disease 2, Article number:16029 (2016) doi:10.1038/npjamd.2016.29

抗加齢:miR-520d-5pはDNAの断片化した細胞を致死的な核ストレスから救う

Hsa-miR-520d-5pは致死線量のUV照射を受けたヒト皮膚線維芽細胞の生存を促進する
拡大する

hsa-miR-520d-5pには幹細胞誘導性が介在するプロセスによって未分化のがん細胞を良性または正常な状態に復帰させるという画期的な効果があることを受けて、我々は、分化した正常細胞(皮膚線維芽細胞)に対するそのリプログラミング作用の検討を試みた。その結果、miR-520d-5pは致死線量の中波紫外線を照射された線維芽細胞に対する回復作用を有し、CD105を発現する間葉系細胞状態へその細胞を誘導することがわかった。その治療効果は、miR-520d-5pがDNA修復プロセスに深く関与していることを示し(核ストレスに対する非カノニカルな経路)、それが断片化DNAおよび重度損傷核酸に対する応答メカニズムの重要な調節因子として機能している可能性を示唆している。細胞の損傷または加齢によって致死的な状態になりつつある細胞において、新たな細胞発生にはmiRNAが関与している場合があるため、以上のことから今回の研究は新たなメカニズムの解明に道を開く可能性がある。

Yoshitaka Ishihara, Satoshi Tsuno, Bingqiong Ping, Taichiro Ashizaki, Masahiro Nakashima, Keigo Miura, Yugo Miura, Taro Yamashita, Junichi Hasegawa and Norimasa Miura

Anti-aging: miR-520d-5p salvages DNA-fragmented cells from lethal nuclear stress
As hsa-miR-520d-5p has an innovating effect of reversion of undifferentiated cancer cells to benign or normal status via a stemness-mediated process, we attempted to examine its reprogramming effect on differentiated normal cells (dermal fibroblasts). We found that miR-520d-5p has a restoration effect on fibroblasts exposed to lethal ultraviolet B irradiation and that it induced these cells to the mesenchymal status with CD105 expression. The therapeutic effect indicates that miR-520d-5p is deeply involved in DNA repair (non-canonical pathway against nuclear stress), and it may function as the main regulator in the response mechanism to fragmented DNA and severely damaged nucleic acids. Therefore, this study may pave the way to elucidating a new mechanism because miRNA may play a role in the biogenesis of cells that are getting lethal due to cell damage or aging.

「最新Research」へ戻る

npj Aging and Mechanisms of Disease EISSN: 2056-3973(online)

プライバシーマーク制度