RESEARCH ABSTRACT

天然酵母分離株の長寿形質の分子基盤を明らかにする

Defining molecular basis for longevity traits in natural yeast isolates

2015年9月28日 npj Aging and Mechanisms of Disease 1, Article number:15001 (2015) doi:10.1038/npjamd.2015.1

酵母のゲノミクス:長寿の複雑な背景を解き明かす

天然酵母分離株の長寿形質の分子基盤を明らかにする
拡大する

酵母の寿命の変動の裏にある一貫した遺伝子と経路のセットが、新たな研究で特定された。ハーバード大学医学系大学院のVadim Gladyshevらは、寿命や生息環境がさまざまな22株の酵母Saccharomyces cerevisiaeを解析し、長寿の自然変動に関係するゲノムの特徴を発見しようとした。研究チームは、好気呼吸の活性化を含めて最長寿株を特徴付ける複数の因子を見いだし、遺伝子と環境との相互作用が重要であることを明らかにした。また、酵母株の高度な長寿と関係する因子が必ずしも自然界で株の適応度を損なうとはかぎらず、長寿が食物から影響を受ける場合があることもわかった。これによりその研究成果は、環境因子がどのように変化を引き起こすのかに関する完成度の高い構図 ― 一部はゲノムに組み込まれている ― を描いている。それは加齢と長寿に実際的な結果を生じるものである。

Alaattin Kaya, Siming Ma, Brian Wasko, Mitchell Lee, Matt Kaeberlein & Vadim N Gladyshev

Yeast genomics: Untangling the web of longevity
A new study pinpoints a consistent set of genes and pathways underlying variations in yeast lifespan. Vadim Gladyshev at Harvard Medical School and co-workers analyzed 22 Saccharomyces cerevisiae yeast strains with diverse lifespans and habitats, looking to identify genomic signatures associated with natural variations in longevity. They observed a number of factors that characterized the longest-lived strains, including the upregulation of aerobic respiration, and found that interactions between genes and the environment were key. They also showed that factors associated with increased longevity in yeast strains do not necessarily degrade the fitness of those strains in the wild, and that longevity can be influenced through diet. The study thus paints a more complete picture of how environmental factors trigger changes—some hard–wired in the genome—that have real consequences on aging and longevity.

「最新Research」へ戻る

npj Aging and Mechanisms of Disease EISSN: 2056-3973(online)

プライバシーマーク制度