Research press release

インスリン感受性の脳による調節

Nature Neuroscience

Brain control of insulin sensitivity

脳の特定の型の神経細胞で発現するセロトニン受容体は、肝臓のインスリン感受性を制御することが、Nature Neuroscience(電子版)の論文で報告された。

脳のセロトニン受容体のうち特に2Cというサブタイプは、以前の研究で体全体のエネルギー収支およびグルコース恒常性の制御との関連が示されている。J Elmquistらは、セロトニン2C受容体を欠失した遺伝子改変マウスを利用して、この作用をもたらす神経細胞の性質をさらに深く追究し、欠失マウスが肝 臓のインスリン抵抗性を示すことを見いだした。この抵抗性は、プロオピオメラノコルチン(POMC)を発現する特定の神経細胞群によってセロ トニン2C受容体の発現が回復すると寛解した。POMC神経細胞は、摂食とグルコース恒常性の制御に重要な脳領域である海馬の弓状核にある。

また、セロトニン2C受容体を標的とする抗糖尿病薬は、POMC神経細胞で発現する受容体に十分作用することもわかった。これらマウスでの発見は、ヒトの血糖調節に対する有望な洞察を与える。

Serotonin receptors expressed in a specific type of neuron in the brain regulate insulin sensitivity in the liver, reports a study published online this week in Nature Neuroscience.

Previous work has implicated brain serotonin receptors, specifically the 2C subtype, in the regulation of whole body energy balance and glucose homeostasis. Joel Elmquist and colleagues took advantage of genetically-modified mice lacking the serotonin 2C receptor to delve further into the identity of the neurons mediating these effects. They find that mice lacking the serotonin 2C receptor displayed insulin resistance in the liver. This resistance was ameliorated when the expression of the serotonin 2C receptor was restored in a specific group of neurons, the pro-opiomelanocortin (POMC)-expressing neurons, in the arcuate nucleus of the hypothalamus — a brain region critical for regulation of feeding and glucose homeostasis.

The authors also found that serotonin 2C receptor expression in POMC neurons was sufficient to mediate the anti-diabetic effects of a drug that targets these receptors. These findings in mice provide potential insight into blood glucose control in humans.

doi: 10.1038/nn.2664

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度