Research press release

てんかんにおけるカリウムチャネルの役割

Nature Neuroscience

Potassium channel's role in epilepsy

海馬は記憶に関する重要な領域であり、マウスでは海馬にある特定種のカリウムチャネルについて数を減らしたり活性化を抑えたりすると、てんかんの場合と似た複数の脳領域に興奮性亢進が起こる。Nature Neuroscience(電子版)に報告された研究によると、てんかんの一部の病型にみられる興奮性亢進の根拠が説明できるかもしれない。

T Jeglaらは、海馬の錐体神経細胞にあるカリウムチャネルKv12.2の遺伝子をノックアウトしたマウスを作出した。このマウスは錐体神経細胞のランダムな興奮性という徴候を示し、ある種のてんかんでみられる症状と似た発作を自然発症した。野生型マウスのカリウムチャネルを薬剤で薬理学的に遮断しても同じ結果が得られた。これらは予備的な結果にすぎないが、ヒトのある種のてんかんが生じる機構を理解するのに役立つかもしれない。

Diminishing the number or activation of a certain type of potassium channel in the hippocampus ― an area important for memory ― of mice induces hyperexcitability in some brain regions similar to that seen in epilepsy. The study, published this week in Nature Neuroscience, could explain the basis of the hyperexcitability seen in some types of epilepsy.

Timothy Jegla and colleagues knocked out the gene for the potassium channel Kv12.2 in pyramidal neurons of the hippocampus. These mice displayed signs of random pyramidal neuron excitability and spontaneous seizures, similar to symptoms seen during some types of epilepsy. They also found similar results in wild-type mice when these potassium channels were blocked using pharmacological drugs. Though these results are only preliminary, they could be useful to understand the mechanisms that underlie some forms of epilepsy in humans.

doi: 10.1038/nn.2610

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度