Research press release

統合失調症治療薬の効果を改変

Nature Neuroscience

Modifying responses to antipsychotic drugs

統合失調症治療薬を長期にわたって用いる治療は、DNAに巻きついているヒストンというタンパク質の修飾を誘導し、治療薬の効果を妨げる可能性がある。マウスを用いたこの研究結果は今週のNature Neuroscience誌オンライン版に発表され、ヒストン修飾を阻害すれば薬の効き方を改善できる可能性が示唆されている。

Javier Gonzalez-Maesoらは、統合失調症治療薬を長期間投薬したマウスではヒストンが修飾された結果、前頭皮質のグルタミン酸受容体の発現低下が起こっていることを報告した。またグルタミン酸受容体の減少に伴い、統合失調症様行動が増加した。マウスにこのようなヒストン修飾を阻止する薬を投与すると、これとは逆の効果があった。

以前の臨床研究で、統合失調症治療薬をバルプロ酸(ここで問題としているヒストン修飾を防ぐ効果が知られる)と併用すると、統合失調症治療薬の治療効果が高まることがわかっている。今回の研究結果は、バルプロ酸(およびヒストン修飾を標的とする他の薬)が統合失調症治療薬の治療効果を高める仕組みを示唆している。

Chronic treatment with antipsychotic drugs induces modifications to histones, the proteins around which DNA wraps, which may hinder the responses to these drugs. These findings from this mouse study, reported online this week in Nature Neuroscience, suggest that inhibiting the modification of histones may improve their efficacy.

Javier Gonzalez-Maeso and colleagues report that mice treated chronically with antipsychotic drugs have modifications to histones that reduced the expression of glutamate receptors in the frontal cortex of mice. This reduction in glutamate receptors was also associated with increased schizophrenia-like behaviors in the mice. Treating the mice with a drug that prevented these histone modifications reversed this effect.

Previous clinical studies have found that combining antipsychotic drugs with valproate, a drug that is known to prevent the histone modifications studied here, can increase the therapeutic benefits of antipsychotic drugs. This study suggests a mechanism by which valproate (and other drugs that target histone modifications) could increase the therapeutic benefit of antipsychotic treatment.

doi: 10.1038/nn.3181

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度