Research press release

甲の毒は乙の薬

Nature Neuroscience

One cell’s poison is another cell’s cure

今週のNature Neuroscience誌電子版の論文によると、がん細胞を殺すことで知られる化学療法薬は、脳卒中の動物モデルでは神経細胞の細胞死を防ぐ能力がある。 化学療法薬ABT-737は、プログラム細胞死を促進して腫瘍を治療する。ところが、虚血や脳卒中のように脳の一部への血流が一時的に遮断された後にこの薬を投与すると神経細胞死を防ぐこともできると、Elizabeth Jonasらは報告している。この薬は、虚血の際に生じるタンパク質でそれ自身プログラム細胞死を促進するプロデスフラグメントdeltaN-Bcl-xLの作用を阻害して効くとみられる。 Jonasらはこの薬剤が腫瘍細胞を殺す一方、虚血発症時に神経細胞を保護するらしい理由は明らかにしなかったが、これらの発見はBcl-xLが脳卒中の治療標的になりうることを示している。

A chemotherapy drug which is known to kill cancer cells can protect neurons from dying in an animal model of stroke, according to a study published online this week in Nature Neuroscience. ABT-737, a chemotherapy drug, is known to treat tumours by promoting programmed cell death. However, Elizabeth Jonas and colleagues report that this drug can also protect against neuronal death when administered after the blood supply to an area of the brain is temporarily cut off, for example, during ischemia or stroke. The drug appears to work by disrupting the effects of a pro-death fragment, deltaN-Bcl-xL, a protein that is produced during ischemia and can itself promote programmed cell death. The authors did not determine why this drug kills tumour cells but appears to protect neurons during ischemic episodes. However, these findings identify Bcl-xL as a potential therapeutic target for treating stroke.

doi: 10.1038/nn.3054

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度