Research press release

神経科学:社会的隔離はヒトの脳内で渇望反応を引き起こす

Nature Neuroscience

Neuroscience: Social isolation evokes craving responses in the human brain

10時間にわたって強制的に社会的に隔離されたヒトは、社会性への渇望を経験し、社会的交流の画像に対する脳の反応が強くなる傾向のあることを示唆する論文が、今週、Nature Neuroscience に掲載される。

社会的交流は、報酬刺激であり、笑顔などの前向きな社会的交流に関連した画像は、ヒトの脳内のドーパミン報酬系を活性化させる。これまでの研究で、短時間の社会的隔離を受けたマウスは、その後の社会的交流時に中脳ドーパミン系の反応が強化されることが示されており、このことは、中脳ドーパミン系が、隔離後の孤独感に似た状態に寄与している可能性を示唆している。しかし、ヒトが、社会的隔離後に同様の神経反応を経験するかは明らかでない。

今回、Livia Tomovaたちの研究チームは、40人の被験者が、対面やオンラインでの社会的交流から隔離されるセッションと絶食するセッション(各10時間)を行う様子を観察し、それぞれのセッション後に、被験者に社会的交流、食物、花の画像を見せて、脳のfMRIを実施した。また、被験者には、孤独感、食物への渇望、社会性への渇望を経験したかを自己申告させた。

この実験で、被験者は、社会的交流からの隔離後には社会性への渇望が増し、絶食後には食物への渇望が増したと自己申告した。これに対応して、ドーパミン作動性活性と一致する報酬反応と新規性反応に関連する中脳領域は、社会的交流からの隔離後には社会的交流の画像に対して、絶食後には食物の画像に対して、強い反応が見られた。Tomovaたちは、社会的交流からの隔離後の社会的交流の画像と絶食後の食物の画像に対する中脳の反応は互いに類似していて、花の画像に対する中脳の反応よりも類似性が高いことを明らかにした。これは、急性の社会的隔離は、絶食が食物への渇望を引き起こすのと類似した過程で社会性への渇望を引き起こすことを示唆している。

Tomovaたちは、今回の研究から、短期間の社会的制約や社会的隔離が、社会性への渇望を引き起こし、社会的交流などの要求を断たれた状態に対する脳の反応に影響を及ぼす過程に関して新たな知見が得られたと結論付けている。

After ten hours of mandatory social isolation, people tend to experience social craving and increased brain responses to images of social interactions, suggests a study published this week in Nature Neuroscience.

Social interactions are rewarding, and images associated with positive social interactions, like smiling faces, engage dopamine reward systems in the human brain. Previous research has shown that mice that underwent brief social isolation exhibit increased responses in the midbrain dopamine system during subsequent social interaction, which suggests that this region of the brain might contribute to a loneliness-like state after isolation. However, it is unclear whether humans experience a similar neural response after social isolation.

Livia Tomova and colleagues observed 40 people undergoing separate 10-hour sessions of isolation from in-person and online social interactions, as well as fasting. After each session, participants viewed images of social interactions, food or flowers while their brains were scanned, and they self-reported experiences of loneliness, food craving and social craving.

Participants reported increased social craving after isolation and increased food craving after fasting. Correspondingly, a midbrain region associated with reward and novelty responses consistent with dopaminergic activity showed greater responses to social images after isolation and to food images after fasting. The authors found that midbrain responses to food or social images after deprivation were more similar to each other than to responses to flower images, suggesting that acute social isolation can evoke social craving similarly to how fasting can lead to food craving.

The authors conclude that these findings shed light on how brief periods of social restriction or isolation can induce social craving and influence the brain’s responses to a deprived need, like social interaction.

doi: 10.1038/s41593-020-00742-z

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度