Research press release

D2自己受容体は価値がある

Nature Neuroscience

D2 autoreceptors are rewarding

マウスの中脳にあるドーパミンD2自己受容体は、ドーパミン伝達のフィードバック調節に重要な役割を果たし、マウスの食物探索行動と、コカイン報酬特性に対する感受性の両方に影響を及ぼす。これらの知見は、フィードバック調節と報酬感受性におけるD2自己受容体の役割をさらに理解する好機を提供するものだ。

神経伝達物質ドーパミン(DA)は、運動活動の計画から、食物摂取のような目標指向型や報酬指向型の行動予測まで、多岐にわたる複雑な脳機能の制御を促進する。脳のDA経路は薬物乱用のような強迫行動にも結びつけられる。ほとんどのD2受容体は非ドーパミン作動性ニューロンの後シナプス側に存在するが、DA放出ニューロンにもD2受容体が存在し、この自己受容体はDA伝達のフィードバック阻害を引き起こす。以前の研究で、自己受容体の利用度(availability)低下は、薬物乱用にみられる衝動性や再燃への脆弱性と関連付けられることが示唆されている。しかし、薬理学的、遺伝学的研究手段では、D2受容体のフィードバック調節の選択的重要性を確証をもって述べることはできないでいた。

M Rubinsteinらは、中脳のDAニューロンにD2自己受容体を欠失した変異マウスが、フィードバック系を介して調節される正常なドーパミン放出阻害を欠くことを見いだした。このマウスはコカインや食物の報酬に対する嗜好性が増大する。さらに、これらのマウスはコカインの精神運動作用に過敏になることもわかった。

Dopamine D2 autoreceptors in the mouse midbrain play a critical role in the feedback regulation of dopamine transmission, and influence both food-seeking behavior and an animal's sensitivity to the rewarding properties of cocaine. These findings, published online this week in Nature Neuroscience, provide an opportunity to better understand the role of D2 autoreceptors in feedback regulation and their role in reward sensitivity.

Dopamine (DA) neurotransmitters help control many complex brain functions ranging from planning of motor activities to predicting goal- and reward-oriented behavior, such as food intake. DA pathways in the brain are also implicated in compulsive behavior such as drug abuse. Though most D2 receptors are present postsynaptically at non-dopaminergic neurons, there are also D2 autoreceptors present on DA-releasing neurons, and these autoreceptors produce feedback inhibition of DA transmission. Previous work has suggested that reduced autoreceptor availability could be linked to impulsivity, such as seen in drug abuse, and vulnerability to relapse. However, previous pharmacological and genetic approaches have been unable to conclusively address the selective importance of the feedback regulation of D2 receptors.

Marcelo Rubinstein and colleagues found that mutant mice that lack D2 autoreceptors on DA neurons in the midbrain lack the normal inhibition of dopamine release, which would be regulated through the feedback system. These mice exhibit increased preference for cocaine and food rewards. The authors also found that these mice were supersensitive to the psychomotor effects of cocaine.

doi: 10.1038/nn.2862

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度