Research press release

緑茶の助けを借りてがんと闘う

Nature Nanotechnology

Fighting cancer with the help of green tea

緑茶の主成分を抗がんタンパク質のキャリアとして用いると、安定で効果的な治療用ナノ複合体を作ることができる。今週のオンライン版で報告されるこの研究結果は、薬物送達システムの改良に役立つ可能性がある。

がんの治療法として、治療薬とキャリアで構成される薬物複合体を利用する方法がある。腫瘍部位に治療薬を運ぶキャリアを設計する際、いくつかの要素を考慮する必要がある。例えば、腫瘍だけを攻撃する特異性を持たなければならない。また、キャリアが体内で代謝されない場合、大量のキャリアが毒性をもたらす可能性があるため、薬とキャリアの比が重要になる。さらに、薬物複合体が体内で攻撃され、直ちに排出されると、有効性が損なわれてしまう。

今回Joo Eun Chungたちは、緑茶に豊富に含まれる(-)-エピガロカテキン-3-O-ガラート(EGCG)という分子を用いて、抗がんタンパク質ハーセプチン用のキャリアを開発した。EGCGのメリットは、EGCG自体に抗がん作用があることである。ChungたちがEGCG-ハーセプチンナノ複合体をマウスに注射したところ、ハーセプチン単独の場合と比較して、腫瘍選択性が向上し、腫瘍増殖が抑制され、血液中に長くとどまるため、効果が高まる可能性があることが明らかになった。

A molecule that is a major ingredient in green tea can be used as a carrier for anticancer proteins, forming a stable and effective therapeutic nanocomplex. These findings, reported in a paper published online this week in Nature Nanotechnology, could help to build better drug-delivery systems.

Some cancer treatments depend on medication comprising the therapeutic drug and a carrier that delivers the drug to the tumour site. When designing drug carriers, several factors must be considered, for example, it must be specific so that it only attacks the tumour. Also, the drug-to-carrier ratio is important because using high quantities of the carrier could result in toxicity if the body cannot metabolize it. Furthermore, the complex will be ineffective if the body attacks and eliminates it too quickly.

Joo Eun Chung and colleagues used the molecule (-)-epigallocatechin-3-O-gallate (EGCG), which is found in high abundance in green tea, to create a carrier for the anticancer protein Herceptin. The advantage of EGCG over other carriers is that it also has anticancer effects. The authors injected the EGCG-Herceptin nanocomplex into mice and found that it demonstrated better tumour selectivity and growth reduction, as well as lasting longer in the blood - which could increase its efficacy - than if Herceptin was injected alone.

doi: 10.1038/nnano.2014.208

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度