Research press release

ナノ粒子を利用した有効なワクチン

Nature Nanotechnology

Efficient vaccine using nanoparticles

毒素の構造を維持するワクチン接種法によってワクチン接種の有効性が向上したことが、今週のオンライン版に報告されている。

不活化毒素を用いたワクチンは、本格的に病気を起こさずに、細菌感染(大腸菌感染など)に対する免疫を誘導するために使用されている。通常、毒素は化学的または熱的に不活化される。しかし、こうした不活化処理によって毒素の構造が変化するため、ワクチン接種の有効性が低下する恐れがある。

Liangfang Zhangたちは、赤血球膜で覆われたナノ粒子を用いて毒素を捕捉することによって、ブドウ球菌α溶血素の毒素構造を維持する方法を開発した。この毒素捕捉法で、免疫応答誘導効率を維持しつつ、毒素の毒性を中和することができる。

Zhangたちは、今回開発したナノ粒子ベースのワクチンと熱的に不活化した毒素を含む対照ワクチンのいずれかをマウスの皮膚に注射することによって、これらのワクチンの安全性と有効性を比較した。その結果、ナノ粒子ベースのワクチンの方が、対照ワクチンよりも高い濃度の抗体を誘導し、毒素にさらされたとき毒素中和能力の高い抗体が生成することを見いだした。こうした有効性向上の結果、対照ワクチンを接種したマウスの生存率が90%であるのに対し、ナノ粒子ベースのワクチンを接種したマウスの生存率は100%に向上した。

A vaccination method that maintains a toxin’s structure results in improved vaccination efficacy, reports a study published online this week in Nature Nanotechnology.

Vaccines based on inactivated toxins are used to induce immunity against bacterial infections, such as those from Escherichia coli, without causing a full-blown illness in patients. The toxin is usually inactivated chemically or by heat; however, this results in a modification of its structure that can lead to inefficient vaccination.

Liangfang Zhang and colleagues engineered a methodology to preserve the toxin structure of staphylococcal alpha-haemolysin by capturing the toxin using a nanoparticle coated with a red blood cell membrane. The capturing process ensures the neutralization of the toxin’s virulence, while maintaining the efficiency of inducing an immune response.

Zhang and colleagues compared the safety and efficacy of these vaccines by injecting either the nanoparticle-based vaccine or control vaccines with thermally inactivated toxins into the skin of mice. They found that the nanoparticle-based vaccine induced higher concentrations of antibodies than the control vaccine, and produced antibodies that are more able to neutralize the toxin when exposed to it. As a result of the increased efficacy, the survival rate of mice vaccinated with the control was 90% compared with a survival rate of 100% for those injected with the nanoparticle-based vaccine.

doi: 10.1038/nnano.2013.254

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度