Research press release

がん細胞を捕捉する

Nature Nanotechnology

Capturing cancer

新しいナノ材料系チップを用いれば、がんの全身転移のきっかけとなる細胞を、初期がん患者の血液から高感度で検出できる。今週オンライン版に掲載される報告によると、これらの細胞を単離・回収することによって、がん患者の診断と治療に関する情報が得られる可能性がある。

このたびSunitha Nagrathらは、微量の循環腫瘍細胞を捕捉できる酸化グラフェン系チップを開発した。循環腫瘍細胞は、既存の腫瘍から剥がれて血流に乗って他の組織まで運ばれるため、がんを転移させる。今回開発されたナノスケールデバイスを用いることにより、健康な血液細胞から循環腫瘍細胞を選別し、バイオマーカーを分析することができる。研究チームは、こうしたバイオマーカーが、がんの性質に関する知見をもたらし、がん管理に影響を与える可能性があると考えている。

Cells that help to drive the spread of cancer throughout the body can be detected with high sensitivity in early-stage cancer patients using a novel nanomaterial-based chip. The findings, reported online this week in Nature Nanotechnology, suggest that the isolation and recovery of these cells could inform the diagnosis and treatment of cancer patients.

Sunitha Nagrath and colleagues have developed a graphene oxide-based chip that can capture rare circulating tumour cells that detach from the existing tumour and can get carried in the bloodstream to other tissues, thus spreading cancer. Using their nanoscale device, the researchers can select for these cancerous cells from healthy blood cells and analyse them for cancer-related biomarkers. The team believes that these biomarkers will provide insights into the character of the cancer and potentially influence the management of the disease.

doi: 10.1038/nnano.2013.194

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度