Research press release

ガラスでできた世界最小のポンプ

Nature Nanotechnology

World’s smallest pump is made from pure glass

ヒトの赤血球ほどの大きさのポンプが純粋なガラスから作られたことが、Nature Nanotechnology (電子版)に掲載される。そのポンプは、毎秒千兆分の1リットルの流量を制御できるものであり、これを使えば化学物質や生体物質の分析・合成を行う超小型実験室を作製できる。

A Huntらが作製したポンプは、非常に薄いガラスが絶縁体から導電体に可逆的に変化することを利用している。そのようなガラス電極は、流体マシンの新たな可能性を開くものである。

A working pump the size of a single human red blood cell has been made from pure glass, reports a paper published online this week in Nature Nanotechnology. The pump, which can control a flow rate of one thousandth of one trillionth of a litre per second, can be used to create tiny laboratories capable of analysing and synthesizing chemical and biological substances.

The device, created by Alan Hunt and colleagues, relies on the reversible transformation of very thin portions of glass from insulating to conducting states. Such glass electrodes open up new possibilities for fluidic machines.

doi: 10.1038/nnano.2010.81

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度