Research press release

少ない電力で海水を淡水化する

Nature Nanotechnology

Fresh water for less

電池で駆動する海水淡水化装置が実現可能になるかもしれない。既存の淡水化方法は、高い電力消費量を必要とするか、規模が大きい場合のみ効率のよい動作が可能である。したがって、被災地域や極貧地域での使用が困難である。

J Hanらは、イオン濃度分極という現象を利用する装置を開発した。イオン濃度分極は、イオンがイオン選択的ナノチャネルを通して流れるときに起こる。海水が流れる2本のマイクロチャネルの間にナノチャネルが配置され、ナノチャネルに電圧がかけられると、ナノチャネルの一方の端ではイオンが濃縮され、もう一方の端では枯渇する。その結果、ナノチャネルに近い海水中の塩イオンが反発する。この反発領域で一方のマイクロチャネルを2本のチャネルに分岐することによって、塩分濃度の濃い水が取り除かれ、電荷をもたない脱塩水が帯電領域を通り抜け、淡水チャネルへと流れ込む。

この方法によって、最新式の大型プラントと同等の電力効率で、塩の除去もそれよりも大きい粒子(ウイルスや微生物)の除去も可能になる。

A device for converting sea water to fresh water that could be powered by a battery is reported online in Nature Nanotechnology this week. Established desalination methods require high power consumption or can only operate efficiently on a large scale, and are therefore difficult to use in disaster- or poverty-stricken areas.

Jongyoon Han and colleagues developed a device that uses a phenomenon known as ion-concentration polarization, which occurs when a current of ions travels through an ion-selective nanochannel. The nanochannel is situated between two microchannels containing streams of sea water. When a voltage is applied across the nanochannel, ions are enriched at one end of the nanochannel and depleted at the other. As a result, salt ions in the sea water that are near the nanochannel are repelled. By separating one of the microchannels into two channels near this repulsion zone, the saltier water can be pulled off and the desalted water, which has no charge, can pass through the charged region and into a separate freshwater channel.

The method allows both salts and larger particles ― such as cells, viruses and microorganisms ― to be removed at a power efficiency similar to state-of-the-art large-scale plants.

doi: 10.1038/nnano.2010.34

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度