Research press release

ナノワイヤーで流出油を除去

Nature Nanotechnology

Cleaning up oil spills

Nature Nanotechnology(電子版)に発表される論文によると、ナノワイヤーの網から作られた膜を利用して流出油を除去できるかもしれない。

過去10年間に海上事故でほぼ20万トンもの油が流出したと推定されている。したがって、海洋環境から迅速かつ効果的に油を除去できる材料が必要なのは明らかである。

F Stellacciらは、油や有機汚染物質を水との混合物から自重の20倍まで吸収可能な膜を作製した。その膜は、酸化マンガン・ナノワイヤーのネットワークからなり、非常に多孔質であり、紙と同じくらいの厚さである。それらのナノワイヤーはそれぞれ直径約20ナノメートルであり、集合してマイクロメートルの長さの束を形成している。Stellacciらのチームは、ナノワイヤーの表面に工夫を加えて、油を引きつけ水をはじくようにした。この特性と高度な多孔質性のおかげで、この膜は、トルエンやエンジンオイルなどの有機汚染物質を水との混合物から選択的に吸収できる。

関連のNews & Viewsの記事において、J Lahannは、今回開発された膜は「将来の環境応用向けナノ材料を設計するための青写真を提供するものである」と述べている。

Membranes made from a mesh of nanowires could be used to clean up oil spills according to a paper published online this week in Nature Nanotechnology.

It is estimated that almost 200,000 tonnes of oil has been spilled at sea in accidents since the start of the decade, so there is a clear need for materials that can remove oil from marine environments quickly and effectively.

Francesco Stellacci and co-workers constructed a membrane that can absorb up to 20 times its own weight of oil or other organic contaminants from water mixtures. The membrane, which is highly porous and about as thick as a sheet of paper, consists of a network of manganese oxide nanowires that are each about 20 nanometres in diameter and assemble into micrometre-length bundles. The team modified the surface of the nanowires to make them attract oil and repel water, and show that this property, combined with the highly porous nature of the membrane, results in selective absorption of organic pollutants such as toluene and motor oil from water mixtures.

In an accompanying News & Views article, Joerg Lahann writes that the membrane ‘provides a blueprint that can guide the design of future nanomaterials for environmental applications’.

doi: 10.1038/nnano.2008.136

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度