Research press release

ナノセンサーで全血からがんを検出する

Nature Nanotechnology

Nanosensors detect cancer from whole blood

未処理の全血から病気の初期兆候を検出できるナノセンサーが、Nature Nanotechnology(電子版)に報告される。このセンサーは、ほかの生理流体にも対応可能であり、また病院で使用できるほど簡単、迅速、安価なものになると予想されるため、外部の検査室で分析を行う必要がなくなる。

以前の疾病マーカー検出作業は、実際の生理学的試料ではなく、慎重に制御された精製溶液にナノセンサーをさらすものであった。今回M Reedらが開発したセンサーは、精製段階と検出段階が分かれているため、たった20分で少量の全血中に存在する微量のがんバイオマーカーを検出できる。

Nanosensors that can detect early signs of disease from unprocessed whole blood are reported in a paper published online this week in Nature Nanotechnology. The sensors can be adapted for use with other physiological fluids, and are expected to be simple, quick and inexpensive enough to be used in the clinic, therefore avoiding the need for analysis by external labs.

Previous disease-marker detection work exposed nanosensors to carefully controlled purified solutions, rather than real physiological samples. The sensors developed by Mark Reed and colleagues combine separate purification and detection stages, allowing them to detect tiny amounts of cancer biomarkers in a small volume of whole blood in just 20 minutes.

doi: 10.1038/nnano.2009.353

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度