Research press release

組織工学 — ナノテクをどう使うか

Nature Nanotechnology

Tissue engineering — how nanotechnology fits in

臓器移植用の複雑な機能性組織を再生する際、細胞外基質のナノコンポジット性が過小評価されてきたのかもしれない、とNature NanotechnologyのReviewで指摘がなされている。 最近になるまで、組織構築法では、材料中心部への物質移動を改善することや、適切な機械的特性をもつ生体適合性・生分解性足場材料を設計することに重点が置かれてきた。これらは重要な要素であるが、R Langerらは、そのような方法では、細胞環境や、細胞の重要機能を調節する天然の細胞外基質の細部を再現できないことを示唆している。 Langerらは、いろいろな種類の組織の設計を検討し、どのように既存のナノテクノロジーを利用すれば、細胞外基質の重要なナノスケール部分を再生して、組織形成を促し、これらの人工基質へのナノ構造体の影響を強めることができるかについて説明している。
The nanocomposite nature of the extracellular matrix may have been under-appreciated in the engineering of complex and functional tissues for organ transplantation, indicates a Review in this week’s Nature Nanotechnology.     Until recently, tissue construction has placed emphasis on improving mass transfer into the core of the material and designing biocompatible and biodegradable scaffolds with suitable mechanical properties. Although these are important factors, Robert Langer and colleagues suggest that the approach fails to recapitulate the cell microenvironment and the finer details of the natural extracellular matrix that regulates essential functions of the cell.     The authors set out design considerations for different types of tissues and explain how existing nanotechnological tools can be used to recreate the important nanoscale features of the matrix to enhance tissue organization and the impact of nanostructures on these artificial matrices.

doi: 10.1038/nnano.2010.246

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度