Research press release

最高のカラー印刷

Nature Nanotechnology

Colour printing at its best

最高の解像度でカラー印刷する方法が今週のNature Nanotechnology電子版に報告されている。今回実現された約100,000ドット毎インチの解像度は、セキュリティーや高密度光データ記憶を目的とする高解像度印刷に役立つかもしれない。

Joel Yangらは、反射体として機能する銀面と、銀面から少し高い位置に配置された数多くの銀ナノディスクを利用して、銀ナノディスクから後方に散乱された光によって色が生じることを実証している。ナノディスクの直径とナノディスク間の距離によって反射色がコードされ、個々のカラーピクセルは2×2ナノディスクアレイで構成されている。研究チームは、この手法で、有名な「レナのテストイメージ」の詳細と陰影を見事に再現している。

プラズモン共鳴が生じるディスク-反射体ナノ構造による方向性反射(ランダム散乱ではなく)のおかげで、以前の約10倍の解像度が実現された。

A method for printing colours at the highest possible resolution is reported in a paper published online this week in Nature Nanotechnology. The resolution of about 100,000 dots per inch could be useful for high-resolution printing for security purposes or for high-density optical data storage.

Joel Yang and co-workers demonstrate colours that arise from the light scattered back from silver nanodisks that are raised above a silver plane acting as a back-reflector. The diameter of the nanodisks and their separation encode for the reflected colour. An individual colour pixel shown in this work is made of a two-by-two array of these nanodisks. As a striking example for their technique, the team recreated the details and shades of the famous Lena test image.

The resolution achieved by the team surpasses that of earlier attempts by around 10 times thanks to directional back-reflection, as opposed to random scattering, exhibited by the disk-back-reflector nanoarchitecture, which supports plasmon resonances from silver.

doi: 10.1038/nnano.2012.128

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度