Research press release

心臓に金ナノワイヤーを

Nature Nanotechnology

Heart of gold

損傷した心臓組織の治療に心臓パッチが使用される。Nature Nanotechnologyに報告される研究によると、パッチの作製に用いられる足場に金ナノワイヤーを加えることによって、足場の導電性と収縮性を高めることができる。

現在の心臓パッチは、三次元足場に心臓細胞を播種することによって作製されている。一般的に、足場は、ポリ乳酸などの合成高分子や、アルギン酸塩などの生体高分子でできている。残念なことに、これらの材料は導電性が低いため、パッチが単一体として強く収縮することができない。D Kohaneらは、アルギン酸塩足場に金ナノワイヤーを組み込むことにより、この複合足場上で増殖した心臓細胞が電気刺激に対していっせいに応答できるようになることを実証している。さらに、この足場上で増殖した組織は、金ナノワイヤーを含まないアルギン酸塩足場上で増殖したものよりも、厚く、きれいに整列している。

このような培養組織が体内で生体適合性を示すかどうかを確認するために、動物を使った研究が必要であると、著者は述べている。

Adding gold nanowires to scaffolds used to engineer patches for treating damaged heart tissue could enhance the conductivity and contraction of these scaffolds, a study in this week’s Nature Nanotechnology suggests.

Current cardiac patches are produced by seeding heart cells in three-dimensional scaffolds, normally made of synthetic or biological polymers such as poly(lactic acid) or alginate, respectively. Unfortunately these materials have poor conductivity, which limits the ability of the patch to contract strongly as a unit. Daniel Kohane and colleagues demonstrate that incorporating gold nanowires into alginate scaffolds enables heart cells grown on these composite scaffolds to respond simultaneously to electrical stimulation. Moreover, tissues grown on this scaffold are thicker and better aligned than those grown on gold-free alginate scaffolds.

Studies in animals are needed to determine whether these engineered tissues will be biocompatible in the body, the authors note.

doi: 10.1038/nnano.2011.160

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度