Research press release

磁性ナノ粒子を利用したがん遺伝子療法

Nature Nanotechnology

Silence, please!

Nature Nanotechnology(電子版)では、新しい磁性ナノ粒子製剤を使用して、マウスの腫瘍進行を抑制する核酸を送達できることが報告されている。これらのナノ粒子を用いて送達されたがん遺伝子サイレンシングRNAは、市販のナノ粒子を用いて送達したときよりも良好な抗腫瘍効果を示した。この製剤は、さまざまながんの治療に有効な遺伝子送達システムになると期待されている。

がん遺伝子療法の成功は、病気を起こす特定遺伝子をオフにするためにそれらの遺伝子に低分子干渉RNA(siRNA)を効果的に送達できるかに依存している。並木禎尚らは、最適化されたsiRNA配列を担持する磁性ナノ粒子をマウスの血流中に注入した。次に、腫瘍付近の皮膚上に接着された、あるいは皮膚の下に埋め込まれた磁石を用いて、それらのsiRNA担持ナノ粒子を腫瘍に誘導した。最適量を8回注入した後、siRNA(腫瘍血管中の特定遺伝子の発現を抑制するよう設計された)は目的の場所に到達し、腫瘍血管の成長を止めた。研究チームは、有害免疫反応や副作用を伴わずに腫瘍成長が抑制されたことを示した。また、さらなる解析により、遺伝子サイレンシング効果がRNA干渉によるものであることが確認された。

著者らは、この新しい製剤(現在利用可能な磁性ナノ粒子よりも良好な抗腫瘍効果を示す)が、さまざまながん遺伝子療法に利用できる確固たる遺伝子送達システムになりうると考えている。

A new formulation of magnetic nanoparticles used to deliver nucleic acids that slow tumour progression in mice is reported online in Nature Nanotechnology this week. Cancer gene silencing RNA delivered using these nanoparticles showed better anti-tumour effects than when delivered using commercially available nanoparticles. This formulation is expected to be an effective gene-delivery system for treating a variety of cancers.

The success of cancer gene therapy relies on effective delivery of small interfering RNA (siRNA) to the specific genes that cause disease, in order to switch them off. Yoshihisa Namiki and colleagues injected magnetic nanoparticles carrying an optimized sequence of siRNA into the bloodstream of mice. They then guided the siRNA-carrying nanoparticles to the tumour using magnets that were either glued on or implanted under the skin near the tumour. The siRNA which was designed to silence the expression of a particular gene in the blood vessels of tumours reached its destination and stopped the growth of tumour blood vessels after an optimized dose of eight injections. The team showed that tumour growth decreased without any adverse immune reaction or side effects and further analysis confirmed that the gene-silencing effects were due to RNA interference.

The authors believe that this new formulation which showed better anti-tumour effects than the magnetic nanoparticles available at present could be a robust gene-delivery system for a variety of cancer gene therapy applications.

doi: 10.1038/nnano.2009.202

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度