Research press release

熱で腫瘍を破壊するナノ粒子

Nature Nanotechnology

Turning the heat up on cancer

ナノ粒子を利用した薬剤不使用の非侵襲性がん治療法が従来の治療法より優れている場合があることが、Nature Nanotechnology(電子版)に報告される。

J Cheonらは、金属酸化物ナノ粒子をマウスの腫瘍に注入し、高周波を照射することによって加熱し、腫瘍を破壊した。標準的な化学療法治療では、これほどうまく腫瘍を破壊できなかった。

金属酸化物ナノ粒子は吸収した電磁波を熱に変換するが、このときの変換効率が非常に高いことがこの新しい治療法の成功のカギとなっている。2種類の異なる磁性材料からコア-シェル型のナノ粒子を作製することによって、磁気特性の微調整が可能となり、このような高い変換効率が実現されたのだ。

A drug-free and non-invasive cancer treatment based on nanoparticles may be superior to conventional treatments in certain cases, reports a paper published online this week in Nature Nanotechnology.

Jinwoo Cheon and colleagues injected metal oxide nanoparticles into tumours in mice and heated them up by exposing them to radiofrequency waves, causing the destruction of the tumour. By comparison, a standard chemotherapy treatment was not as successful in destroying the tumour.

The key to the success of the new treatment was the very high efficiency with which the nanoparticles converted absorbed electromagnetic waves into heat. This efficiency was achieved by building the nanoparticles from two different magnetic materials in a core-shell arrangement, which allowed their magnetic properties to be finely tuned.

doi: 10.1038/nnano.2011.95

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度