Research press release

絶対零度付近で初の超伝導

Nature Nanotechnology

A superconducting first near absolute zero

バルクでは超伝導を示さないのに表面で超伝導を示す初の材料がNature Nanotechnology(電子版)に報告される。超伝導は、特定温度未満に冷却された材料において電流抵抗がなくなる現象であり、初めて観測されたのが100年前である。このたび、川崎雅司らは、タンタル酸カリウム単結晶に金属電極を蒸着した後、一滴の導電性液体をのせ、電気二重層トランジスターとよばれるデバイスを作製した。彼らは、トランジスターがもたらす超高電界によってタンタル酸カリウム結晶の表面が0.005ケルビン未満の温度で超伝導になることを見いだした。この新材料は、すぐには応用に結びつかないと予想されるが、新しい超伝導体の発見に役立つ可能性がある。

The first material to show superconductivity at its surface when it is not superconducting in its bulk form is reported online this week in Nature Nanotechnology. Superconductivity is the absence of resistance to electric current in a material that has been cooled below a certain temperature, and it was first observed 100 years ago. Masashi Kawasaki and colleagues deposited metal electrodes on a single crystal of potassium tantalate and then added a drop of liquid that can conduct electricity to make a device called an electric double-layer transistor. They find that the very high electric field produced by the transistor causes the surface of the potassium tantalate crystal to become superconducting at temperatures below 0.005 of a degree above absolute zero.Although this new material is not expected to have immediate applications, it may help researchers find other new superconductors.

doi: 10.1038/nnano.2011.78 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度