Research press release

カーボンナノチューブが組織損傷を減らす

Nature Nanotechnology

Keeping the carbon-nanotube blood flowing

アミン修飾単層カーボンナノチューブ(a-SWCN)が脳卒中モデルラットの組織損傷を減らすことが、Nature Nanotechnology(電子版)の論文で示唆されている。この研究結果は、脳卒中による虚血性損傷に対して単層カーボンナノチューブが保護効果を及ぼす可能性があることを見いだすための、今後の研究の基礎を築くものである。

これまでに、脳卒中で損傷した脳領域に幹細胞を含む足場を移植する治療法が提案されてきた。カーボンナノチューブは好ましい電気的特性を示すため、幹細胞療法の足場候補として研究されている。S S Kimらは、虚血性損傷が起こる前にラットをa-SWCNで前処置し、前処置したラットは、非処置ラットよりも脳組織の損傷量が少なく、運動機能が優れていることを見いだした。a-SWCNは細胞死と炎症を抑えることによって損傷から組織を保護することが、機序研究から示された。

関連したNews and Viewsの筆者であるM Waltersは、a-SWCNを臨床利用可能にするには、脳卒中症状の発現後にa-SWCNを投与しても、a-SWCNの機序とメリットが有効であることを示さなければならないと強調している。

Amine-modified single-walled carbon nanotubes (a-SWCN’s) reduce tissue damage in the brain in a rat model of stroke, suggests a paper online this week in Nature Nanotechnology. The work lays the foundation for further studies to discover the potential protective effects of single-walled carbon-nanotubes against ischemic injury caused by stroke.

Transplanting scaffolds containing stem cells into areas of the brain that have been injured by stroke has previously been proposed as a treatment strategy. Carbon nanotubes have been investigated as potential scaffolds for stem cell therapy because of their favourable electrical properties. Sung Su Kim and colleagues pre-treated rats with a-SWCN's before inducing an ischemic injury and found that pre-treated animals had smaller volumes of damaged brain tissue and better motor function than untreated rats. Mechanistic studies suggest that the a-SWCN's protected the tissues from injury by limiting cell death and inflammation.

News and Views author Matthew Walters stresses that for a-SWCN’s to be clinically viable, the mechanism and benefits must be shown to remain relevant when the nanotubes are administered after the onset of stroke symptoms.

doi: 10.1038/nano.2010.281

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度