Research press release

わずか4分子で超伝導

Nature Nanotechnology

Superconductivity in just four molecules

Nature Nanotechnology(電子版)によると、わずか4分子からなるナノワイヤーが超伝導になりうる。この研究結果は、超伝導と超伝導材料の理解を深めるのに役立つ。

超電導体を特定温度未満に冷却すると、エネルギーを熱として失うことなく、電気を流すことができる。長い超伝導ワイヤーを作製しようとしている研究者がいるのはこのためである。しかし、超伝導材料に関して多くの知見を得ようと、小さな超伝導構造体の作製を試みる研究者もいる。

S-W Hlaらは、銀表面上に有機電荷移動塩分子を蒸着し、走査トンネル分光法という技術を用いて、表面に形成された分子のアイランドと鎖を調べた。Hlaらは、絶対零度から10度以内の範囲の温度において、超伝導の典型的な特徴である超伝導ギャップが存在する証拠を見いだした。超伝導ギャップのサイズは鎖の長さに依存しており、ギャップはわずか4分子からなるワイヤーでも検出できた。

A nanowire that contains just four molecules can be superconducting, according to research published online in Nature Nanotechnology this week. This work helps to better understand superconductivity and the materials involved.

When a superconductor is cooled below a certain temperature it is able to conduct electricity without losing any energy as heat, which is why some researchers are trying to make longer superconducting wires. However, other researchers are trying to make smaller superconducting structures, so that they can learn more about these materials.

Saw-Wai Hla and co-workers deposited molecules of an organic charge-transfer salt on a silver surface and used a technique called scanning tunnelling spectroscopy to examine the molecular islands and chains that formed on the surface. They found evidence for a superconducting gap ― a classic signature of superconductivity ― at temperatures within ten degrees of absolute zero. The size of this gap depended on the length of the chains, and the gap could still be seen in wires that contained just four molecules.

doi: 10.1038/nnano.2010.41

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度