Research press release

ペンギンの衣をまとったローバー

Nature Methods

A rover in penguin’s clothing

自然界の生息地でペンギンなどの野生動物を監視するのに使用可能な遠隔操作車(ローバー)は、動物の行動に対して人間ほどの影響を与えない、という報告が、今週のオンライン版に掲載される。

データ収集の際、野生動物に接近すると、動物のストレスおよび逃避行動を引き起こし、研究結果の意義を損なう場合がある。人間による撹乱を最小限にしながら自然環境の動物を研究する方法は、生態学の方法論的課題の1つとなっている。現在そうした研究に用いられているツールとして、動物への受動集積トランスポンダー(PIT)タグの装着が挙げられる。PITタグでは、個体群のスケールで動物個体を監視することができるRFID(無線周波数識別)が利用されているが、このタグは、装着した動物がアンテナの近くにいるときにしか読み取ることができない。

Yvon Le Mahoたちは、RFIDタグを読み取るアンテナとしてローバーを利用することによって抱卵中のオウサマペンギンに対するストレスを軽減することができるかどうかを調べた。その結果、ローバーが接近した際のペンギンのストレス応答(心拍数および行動)は、研究者が接近した場合と比較して大幅に低レベルであり、その持続時間も短かった。また、ローバーが静止しているときはコロニー構造の撹乱が収まり、心拍数および行動も短時間で正常に戻った。

研究チームは、ローバーにペンギンの扮装を施し、さらに臆病なコウテイペンギンでも検証を行った。その結果、ローバーはRFIDタグが十分に読み取れる距離までコウテイペンギンに接近することができ、ヒナおよび成鳥のなかには、扮装したローバーに向かって鳴き声を発するものもあった。ミナミゾウアザラシによる予備的研究では、ゾウアザラシがローバーに頭および尾への接近を許すことが確認された。目立った反応を示させずにゾウアザラシに接近することは、人間には不可能である。ローバーについて研究チームは、この3種に対する侵害性およびストレスの限定的なデータ収集法となり、将来的には陸上の鳥類および動物の電子的識別以外の用途にも用いられる可能性があるのではないかと考えている。

Remote-operated vehicles (rovers), which can be used to monitor penguins and other wildlife in their natural habitat, have less of an impact on animal behavior than humans do, reports a paper published online this week in Nature Methods.

Approaching wild animals to collect data can lead to stress and escape behavior for animals, and jeopardizes the significance of results for researchers. How to study animals in their natural environment while minimizing human disturbance remains one of the methodological challenges in ecology. One current tool for such studies is to tag animals with Passive Integrated Transponders (PIT-tags), which have Radio Frequency Identification (RFID) that can monitor individual animals at a population scale; however, PIT-tags can only be read when the animal with the tag is close to an antenna.

Yvon Le Maho and colleagues examined the feasibility of reducing stress on incubating king penguins by using a rover as an antenna to read RFID tags. They found that stress responses (heart rate and behavior) of these penguins were significantly lower and shorter in duration when the rover approached them, compared to when human researchers approach. In addition, when the rover stayed still, it ceased to disorganize colony structure, and heart rate and behavior rapidly returned to normal.

The authors also camouflaged the rover with a penguin model and tested it on the more shy emperor penguins. They report that the emperor penguins allowed the rover to approach close enough to read RFID tags; some chicks and adults even vocalized at the camouflaged rover. Preliminary research with southern elephant seals demonstrated that they allowed the rover to approach their heads and their tails-something that humans have not been able to achieve without significant reaction from elephant seals. The authors suggest that rovers may prove a less invasive and stressful way to collect data on these species, and may be adapted in the future also for uses beyond electronic identification of terrestrial birds and animals.

doi: 10.1038/nmeth.3173

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度